やまぐちとむらおかのふわふわ世界一周

2016月8月29日〜二人で世界一周中☆★

プププププーノ♪in ペルー

 

プププププーノ♪

 

クスコから快適バスでプーノにやってきました。

 

椅子がふかふか♪広々♪

南米はバス移動が多いですが、ちゃんとした会社を選べば日本の夜行バスより快適なことがほとんどです。

 

予約はバスポータルで!

直接ターミナルに行こうかとも思いましたが、意外と混んでいるようだったのでネットでとりました

busportal.pe

 

最安のTourismo merという会社(60ソレス)が満席のためtranszeia(80ソレス)で予約しました♪ 

 

さて、プーノは標高3850メートル。

 

高いなー!でも、もう慣れたもんです。

幸い、高山病もなくここまでくることが出来ました(^o^)

 

ここプーノでは、ティティカカ湖という琵琶湖の12倍の大きくて世界一高いところにある湖と、葦でできた島、ウロス島を見ることができます!

 

 

この日はお祭り?か分かりませんが、広場でみんな衣装着て踊ってました。

f:id:ringokiwi:20170210102421j:plain

 

 

 

そして、プーノ名物と言えば、、、ピザ屋!!

 

 

なんでやねん!

 

 

と思ったあなた!

違うのです。

 

 

本当にピザ屋が多いんです!

 

 

しかも、どの店も窯まである本格派で、けっこう安い!

 

 

というわけで、名物なのです。(やまぐち調べ)

 

 

 

やまぐちとむらおかも食べに行きました。

f:id:ringokiwi:20170210102433j:plain

 

メインストリートであるリマ通りは強気の価格設定なので12本離れた通りのとこ。

 

そしたらなんと!

 

店員さん(少年)がお釣り間違えて、さらに格安で食べれました!

 

悪い大人です笑

 

なので、そのお礼と言っちゃあなんですが、次の日も食べに行きました♪

2日目はテイクアウト。

f:id:ringokiwi:20170210103741j:plain

 

やまぐち好みの薄めの生地がおいしかったです。

 

 

 

プーノではティティカカ湖まで散歩したり、夜はお土産見たり、ピザを食べたり、最後のペルーをのんびーり過ごしました。

 

ティティカカ湖でお決まりのスワンボート。

乗ろうと思ったんですが、寒かったので辞めました。

f:id:ringokiwi:20170210071733j:plain

 

もちろんメルカドも。

湖が近いとあって、川魚も。

特に、トルーチャ(鱒)の揚げたのがおいしかったです♪

f:id:ringokiwi:20170210103049j:plain

 

街の掲示板。

求人とか貼ってあります。

f:id:ringokiwi:20170210103123j:plain

 

南米で花屋さんはいつも路上。

掃除しやすいからかな。

f:id:ringokiwi:20170210103051j:plain

 

そして、名所のウロス島

たぶんやまぐちは飽きるというむらおか予測のもと、1日ではなく3時間のツアーに参加。

 

f:id:ringokiwi:20170210071906j:plain

 

 

島はこんな感じでした。

f:id:ringokiwi:20170210101657j:plain

 

インディヘナの島民がお出迎え。

f:id:ringokiwi:20170210100851j:plain

 

この子もこの島で生活しています。

f:id:ringokiwi:20170210101038j:plain

 

 

ほんとに葦でできていて、足元ふかふか。

f:id:ringokiwi:20170210103057j:plain

 

島はいっぱいあって、自在に大きくしたり小さくしたりできるそうです。

f:id:ringokiwi:20170210101118j:plain

 

島や家の作り方の説明を聞きます。

f:id:ringokiwi:20170210101650j:plain

 

説明に飽きてうしろで遊び始めるアルゼンチン人。

自由です。

f:id:ringokiwi:20170210101046j:plain

 

 

説明のあとは、家の中を見ることができます

ただ、左のソーラーパネルがミスマッチ…

f:id:ringokiwi:20170210101703j:plain

 

 

家の中も見せてもらいました。

f:id:ringokiwi:20170210101701j:plain

 

 

そして、お土産販売タイム。

売られているのは島民手作りの雑貨のはずですが、袋に中国語が…

まさか…ね????

f:id:ringokiwi:20170210103737j:plain

 

次にメインの大きな島に行くのですが、葦でできた船に乗れます。

f:id:ringokiwi:20170210101017j:plain

 

別料金(10ソレス350円)で、ペルーにしてはかなりの高額。(ツアー代20ソレスなのに…)

 

 

ちなみに島民はこんなボートで島間を移動しています。

まさかの葦でできたやつじゃない…

f:id:ringokiwi:20170210101618j:plain

 

 

ちょっと迷いましたが、ここの人たちの生活は観光収入で成り立っているのと、売り上げは子供の教育費に使うとのことで信じて乗車。

ツアー客の8割くらいが乗っていました。

f:id:ringokiwi:20170210102333j:plain

 

 

しかし、これがけっこう楽しかったです!

 

 

余談ですが、島の男の子とアルゼンチンから来た女の子が仲良くなってました。

f:id:ringokiwi:20170210102426j:plain

 

女の子がお姉さん風(かぜ)。

女の子はどこもそうなんですねぇ。

なんだか微笑ましかったです。

 

メインの島では食事をしたりさらにお土産を買ったりできるようでした。

オプションなので、やまぐちとむらおかは写真を撮ったりして食事している人を待ってました。

 

この島ではじゃがいもが植えられていました。

いったいどうやって土を…!?

f:id:ringokiwi:20170210102418j:plain

 

そして、プーノの船着き場に帰りました〜。

 

うん、3時間で大正解。

 

 

その後、港近くの民芸品市場を散策しました。

 

ここで、むらおか7匹目なるアルパカを購入。(さらにセントロで8匹目も。)

これまでのやつはクスコですでに日本に送ったので一緒に旅することになります。

f:id:ringokiwi:20170210102932j:plain

 

あまりのむらおかのアルパカ愛に、やまぐちはちょっと心配です。 

 

 

一方やまぐちは、これから行くパタゴニアのために手袋を購入!

おばあちゃんの手編みで、なんと言い値が5ソレス170円)!

安すぎやしませんか?!

おばあちゃん大丈夫かな。。。

値切る気がなくなるくらい安いです。

 写真はありませんがお気に入りです♪

 

のんびり過ごしたプーノを後に、次はいよいよボリビアです! 

 

 

【宿情報】

 Posada del Qolla (ポサダ デル コジャ)

 

www.tripadvisor.com

 

宿はbookingで予約して、安いしあんまり期待してなかったのですが、これが素晴らしい宿でした!(ダブルルームで一室1600円くらい)

f:id:ringokiwi:20170210103740j:plain

 

・個室のみっぽいです。部屋は広くて綺麗。バスタオル付き。

・アルマス広場から近い。

・シャワーもネットも◎

・朝ごはんもしっかりついてきました!(パン、コーヒー類、卵、ジュース)

 

しかも、ウロス島のツアーの申し込みもできて、街の旅行屋さんより安かったです。(値切って一人25→20ソレス

ウロス島は、自力で行くことができますが、船代と入島料で同じくらいになるのでツアーがいいと思います。

 

やまぐちとむらおかは宿が気に入ったので、1泊の予定が3泊。のんびり過ごしました。

 

 

やまぐち