読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまぐちとむらおかのふわふわ世界一周

2016月8月29日〜二人で世界一周中☆★

プププププーノ♪in ペルー

 

プププププーノ♪

 

クスコから快適バスでプーノにやってきました。

 

椅子がふかふか♪広々♪

南米はバス移動が多いですが、ちゃんとした会社を選べば日本の夜行バスより快適なことがほとんどです。

 

予約はバスポータルで!

直接ターミナルに行こうかとも思いましたが、意外と混んでいるようだったのでネットでとりました

busportal.pe

 

最安のTourismo merという会社(60ソレス)が満席のためtranszeia(80ソレス)で予約しました♪ 

 

さて、プーノは標高3850メートル。

 

高いなー!でも、もう慣れたもんです。

幸い、高山病もなくここまでくることが出来ました(^o^)

 

ここプーノでは、ティティカカ湖という琵琶湖の12倍の大きくて世界一高いところにある湖と、葦でできた島、ウロス島を見ることができます!

 

 

この日はお祭り?か分かりませんが、広場でみんな衣装着て踊ってました。

f:id:ringokiwi:20170210102421j:plain

 

 

 

そして、プーノ名物と言えば、、、ピザ屋!!

 

 

なんでやねん!

 

 

と思ったあなた!

違うのです。

 

 

本当にピザ屋が多いんです!

 

 

しかも、どの店も窯まである本格派で、けっこう安い!

 

 

というわけで、名物なのです。(やまぐち調べ)

 

 

 

やまぐちとむらおかも食べに行きました。

f:id:ringokiwi:20170210102433j:plain

 

メインストリートであるリマ通りは強気の価格設定なので12本離れた通りのとこ。

 

そしたらなんと!

 

店員さん(少年)がお釣り間違えて、さらに格安で食べれました!

 

悪い大人です笑

 

なので、そのお礼と言っちゃあなんですが、次の日も食べに行きました♪

2日目はテイクアウト。

f:id:ringokiwi:20170210103741j:plain

 

やまぐち好みの薄めの生地がおいしかったです。

 

 

 

プーノではティティカカ湖まで散歩したり、夜はお土産見たり、ピザを食べたり、最後のペルーをのんびーり過ごしました。

 

ティティカカ湖でお決まりのスワンボート。

乗ろうと思ったんですが、寒かったので辞めました。

f:id:ringokiwi:20170210071733j:plain

 

もちろんメルカドも。

湖が近いとあって、川魚も。

特に、トルーチャ(鱒)の揚げたのがおいしかったです♪

f:id:ringokiwi:20170210103049j:plain

 

街の掲示板。

求人とか貼ってあります。

f:id:ringokiwi:20170210103123j:plain

 

南米で花屋さんはいつも路上。

掃除しやすいからかな。

f:id:ringokiwi:20170210103051j:plain

 

そして、名所のウロス島

たぶんやまぐちは飽きるというむらおか予測のもと、1日ではなく3時間のツアーに参加。

 

f:id:ringokiwi:20170210071906j:plain

 

 

島はこんな感じでした。

f:id:ringokiwi:20170210101657j:plain

 

インディヘナの島民がお出迎え。

f:id:ringokiwi:20170210100851j:plain

 

この子もこの島で生活しています。

f:id:ringokiwi:20170210101038j:plain

 

 

ほんとに葦でできていて、足元ふかふか。

f:id:ringokiwi:20170210103057j:plain

 

島はいっぱいあって、自在に大きくしたり小さくしたりできるそうです。

f:id:ringokiwi:20170210101118j:plain

 

島や家の作り方の説明を聞きます。

f:id:ringokiwi:20170210101650j:plain

 

説明に飽きてうしろで遊び始めるアルゼンチン人。

自由です。

f:id:ringokiwi:20170210101046j:plain

 

 

説明のあとは、家の中を見ることができます

ただ、左のソーラーパネルがミスマッチ…

f:id:ringokiwi:20170210101703j:plain

 

 

家の中も見せてもらいました。

f:id:ringokiwi:20170210101701j:plain

 

 

そして、お土産販売タイム。

売られているのは島民手作りの雑貨のはずですが、袋に中国語が…

まさか…ね????

f:id:ringokiwi:20170210103737j:plain

 

次にメインの大きな島に行くのですが、葦でできた船に乗れます。

f:id:ringokiwi:20170210101017j:plain

 

別料金(10ソレス350円)で、ペルーにしてはかなりの高額。(ツアー代20ソレスなのに…)

 

 

ちなみに島民はこんなボートで島間を移動しています。

まさかの葦でできたやつじゃない…

f:id:ringokiwi:20170210101618j:plain

 

 

ちょっと迷いましたが、ここの人たちの生活は観光収入で成り立っているのと、売り上げは子供の教育費に使うとのことで信じて乗車。

ツアー客の8割くらいが乗っていました。

f:id:ringokiwi:20170210102333j:plain

 

 

しかし、これがけっこう楽しかったです!

 

 

余談ですが、島の男の子とアルゼンチンから来た女の子が仲良くなってました。

f:id:ringokiwi:20170210102426j:plain

 

女の子がお姉さん風(かぜ)。

女の子はどこもそうなんですねぇ。

なんだか微笑ましかったです。

 

メインの島では食事をしたりさらにお土産を買ったりできるようでした。

オプションなので、やまぐちとむらおかは写真を撮ったりして食事している人を待ってました。

 

この島ではじゃがいもが植えられていました。

いったいどうやって土を…!?

f:id:ringokiwi:20170210102418j:plain

 

そして、プーノの船着き場に帰りました〜。

 

うん、3時間で大正解。

 

 

その後、港近くの民芸品市場を散策しました。

 

ここで、むらおか7匹目なるアルパカを購入。(さらにセントロで8匹目も。)

これまでのやつはクスコですでに日本に送ったので一緒に旅することになります。

f:id:ringokiwi:20170210102932j:plain

 

あまりのむらおかのアルパカ愛に、やまぐちはちょっと心配です。 

 

 

一方やまぐちは、これから行くパタゴニアのために手袋を購入!

おばあちゃんの手編みで、なんと言い値が5ソレス170円)!

安すぎやしませんか?!

おばあちゃん大丈夫かな。。。

値切る気がなくなるくらい安いです。

 写真はありませんがお気に入りです♪

 

のんびり過ごしたプーノを後に、次はいよいよボリビアです! 

 

 

【宿情報】

 Posada del Qolla (ポサダ デル コジャ)

 

www.tripadvisor.com

 

宿はbookingで予約して、安いしあんまり期待してなかったのですが、これが素晴らしい宿でした!(ダブルルームで一室1600円くらい)

f:id:ringokiwi:20170210103740j:plain

 

・個室のみっぽいです。部屋は広くて綺麗。バスタオル付き。

・アルマス広場から近い。

・シャワーもネットも◎

・朝ごはんもしっかりついてきました!(パン、コーヒー類、卵、ジュース)

 

しかも、ウロス島のツアーの申し込みもできて、街の旅行屋さんより安かったです。(値切って一人25→20ソレス

ウロス島は、自力で行くことができますが、船代と入島料で同じくらいになるのでツアーがいいと思います。

 

やまぐちとむらおかは宿が気に入ったので、1泊の予定が3泊。のんびり過ごしました。

 

 

やまぐち

 

クスコクスコ〜!!!ふわふわアルパカとハツの串焼きに感動☆

 

 

クスコクスコ~!

 

標高3399メートルの街。

富士山レベル\(^o^)/

 

マチュピチュへの玄関でもあるので、行く前と行ってから、ゆっくり過ごしました。

 

セントロはとても雰囲気のあるところで、さすがインカ帝国の首都。

f:id:ringokiwi:20170208232731j:plain

 

広場の噴水

f:id:ringokiwi:20170208232421j:plain

 

 

お店やレストランもいっぱい。

見てるだけで楽しかったです。

f:id:ringokiwi:20170208232356j:plain 

 

クスコでは、買い物をしたり、宿の周りを散策したりして過ごしました。

f:id:ringokiwi:20170208233302j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170209204227j:plain

 

 

そして、有名な12角の石を見忘れました。

なんだかめんどくさくなっちゃった♪

それでも、十分楽しめましたよ。

 

散歩中にサッカーコートを見つけ、しばし観戦。

サッカースクールの紅白戦だそうです。

f:id:ringokiwi:20170208233145j:plain 

 

まぜてほしそうな元サッカー少年むらおか。

f:id:ringokiwi:20170208233300j:plain 

 

 

それにしても、こんな高地で走り回れる子どもたちはホントすごい。

 

 

ある日はローカルマーケットを散策。

服に靴、テレビにパソコン、食器、それから、

盗品??と思われる電話やバッテリーも売られていました…

f:id:ringokiwi:20170208233351j:plain 

 

ある日はショッピングモールをぶらぶら。

モールはどこの国も似ているので、観光疲れの癒やしです☆

f:id:ringokiwi:20170208233001j:plain 

 

近所を散歩して、メルカドでフルーツを買いました。

量り売りですが、マンゴーもパインも1個100円くらいで激安でした。

f:id:ringokiwi:20170208232501j:plain 

 

 

 

 

そして、雑貨がかわいいペルー。

 

やまぐちの物欲に火がつきます!

 

ピアスやランチョンマット、アルパカの毛でできたミニアルパカとライオンを買いました♪

が、写真撮るの忘れた(;_;)

 

 

むらおかはと言うと…

 

 

 

アルパカの毛でできたアルパカを大小6体も買っていました。

 

たしかに、かわいいです!

 

でも6体もどうすんだろ。。。

 

もちろん、リュックに入りきらないので日本に他の荷物と一緒に送りましたよ~

写真は一部です。

f:id:ringokiwi:20170208233132j:plain 

 

値段がピンキリで、ベビーアルパカの毛を使っているものは高いのですが、ベビーアルパカと言いつつ大人のアルパカだったり、リャマだったり、羊だったり、品質も色々です。

 

質を見ると言って、アルパカを見かけては触りにいくむらおか。

病気かと思いました。

 

おかげで、ちょっと触っただけで何の毛か当てられるくらいにはなりました。

将来、なにかの役に立つといいね…☆

 

さらにアルパカ熱の冷めないやまぐちとむらおかはアワナカンチャというアルパカ牧場に行きました!

コレクティーボ乗り場はgoogleマップにはありませんが、地図のコレヒオ・ラ・サルの北側にあります。Maps.meなら「bus to Pisac + Calca」の所です。

 

 

クスコからピサック村行きのコレクティーボで1時間。(3ソレス=100円) 

 

バス停とか特に無いので、運転手にアワナカンチャ行きたい!って行っておくとそれっぽいところでおろしてくれます。

一緒に乗っている人たちも教えてくれます。

クスコのバスでは、みんな「どこ行きたいの?」「ここだよ」とか「降りて右に行くといいよ」とか教えてくれて、クスコの人は本当にやさしかったです。

 

さてさて、アワナカンチャに着くとリャマがお出迎え!

 

リャマ〜♪

食べると美味しい。

f:id:ringokiwi:20170209202438j:plain

 

 

その奥にアルパカ!!!!

 f:id:ringokiwi:20170208231723j:plain

 

いっぱいいるー♪♪♪

f:id:ringokiwi:20170210112532j:plain

 

 

 

もふもふのふわふわ。

 

 

見慣れぬ種類のもいます。

 

スリという種類だそうで、ロン毛のアルパカです。

お色は三色ございます。

f:id:ringokiwi:20170208231905j:plain 

 

前見えるのかな。。。

f:id:ringokiwi:20170208231808j:plain 

 

言っちゃ悪いが、座るとモップです。

f:id:ringokiwi:20170208231831j:plain

 

そしてその奥にビクーニャ

f:id:ringokiwi:20170208215900j:plain

 

触ったことないですがアルパカよりさらに上質ふわふわで、セーターは1着10万円するとかしないとか。

ビクーニャ様。

 

 

テンション上がったやまぐちとむらおかはさっそく餌やり。

f:id:ringokiwi:20170208233234j:plain 

 

f:id:ringokiwi:20170208233141j:plain 

 

  

たのしーい!!!

f:id:ringokiwi:20170209091002j:plain 

 

一通り遊んだやまぐちとむらおか。

 

ついでに、ピサック村にも寄ってみることにしました。

ピサック村には民芸品市場とマチュピチュに優ると言われているピサック遺跡があるそう。

 

が、正直マチュピチュで満足していたので、遺跡にはいかず、民芸品市場を覗いてみることに。

 

アワナカンチャ前でコレクティーボが来たら手を挙げて拾います。

ピサックまで2ソレス(70円)。

 

中心はこんなかんじで、素敵な村です。

f:id:ringokiwi:20170208231921j:plain

 

ほら、スナップ写真もなんかおしゃれ。

O脚がひどい…

f:id:ringokiwi:20170209091007j:plain 

 

外れに行くと素朴さが残ります。

f:id:ringokiwi:20170208231932j:plain

 

村の外れに広がるアンデスの山々。

f:id:ringokiwi:20170208231909j:plain 

 

 

けど、民芸品は他で買ったほうがいいかな。

 

 

高い!!

 

 

毛糸の靴下を買おうとしたんですが、ある店では20ソレス、別のとこは15、さらに別のとこは10。

もう、値切り交渉前提で、ガツガツくるし、やめました。

 

結局同じのをプーノの市場で8ソレスで買いました。

 

うーん。。。

買い物では微妙だったなピサック村。

いいとこなのに。

f:id:ringokiwi:20170209085136j:plain 

 

夕方、クスコ行きのコレクティーボを拾って帰りました(4ソレス=140円)

 

 

今日はいっぱい歩いたからおなかすいた〜

 

 

そういえば、ペルーに来てから食べてみたいB級グルメがありました。

 

その名も、アンティクーチョ。

f:id:ringokiwi:20170208233139j:plain 

 

牛のハツの串焼きです!!

 

クスコの路地で夜になるとガラガラ屋台を引いたおばちゃんが現れ、火をおこし始めます。

あっというまにに人だかり。

炭火で焼かれたハツとじゃがいも。

1本5ソレス(170円)!

 

醤油ベースのタレでめっちゃおいしい!!!!

f:id:ringokiwi:20170208233303j:plain

 

2本食べました。

 

ビールと相性バツグンです。

むらおかも絶賛しておりました。

 

もう一つ、おすすめは、この紫の飲み物。

チチャモラーダと言って、とうもろこしとレモンで出来たジュースです。

f:id:ringokiwi:20170208233005j:plain

 

これもおいしかった!

ホステルの近くのピザ屋で頼んだものですが、レストランによって味が違います。

ここのが一番好きでした。

フルーツジュースのようなかんじですが、甘いものがきらいなむらおかも気に入ったようです。

 

 

番外編として、こんなのもありまーす。

f:id:ringokiwi:20170208233327j:plain

 

クイ(テンジクネズミ)の揚げたやつ。

 

こっちでは、お祝いの時に食べるそうです。

ホステルのお姉さんにクイデリア(クイ専門店)を勧められ、やまぐちとむらおかも

食べてみました。

ちょっと心が痛みましたが、鳥肉みたいでおいしかったです。

f:id:ringokiwi:20170209203857j:plain

 

 

 

今日も楽しい1日でした。

 

 

 

【宿情報】

前のむらおかの記事にもありますが、

マチュピチュを挟んで前後Qamaq Hospedaje Familiarに泊まりました。

www.booking.com

 

セントロからバスで15分くらいの住宅地にあります。

タクシーでは10ペソで普通に行けば5分くらいですが、たいてい運ちゃんが迷うので15〜20分くらいかかりました。

慣れてきたら歩いてセントロ行ったりもしてました。30分くらいです。

 

・bookingで予約して1部屋2000円。ちょい高ですが、気に入ったので値下げ交渉しませんでした〜

・天窓付きの個室。

・朝ごはん付き。

・シャワーもネットも◎

・レストラン(カフェ?)併設で8ペソでアルムエルソが食べれます。

家族経営で、お姉さんが英語話せて主に面倒見てくれますが、他の家族もあたたかかったです。

キッチンは使用不可で、洗濯は不明ですが、小さいものはお風呂場で洗って部屋干ししてました。

もちろんマチュピチュ行ってる間、不要な荷物も無料で預かってくれます。

 

かなーり居心地のいい宿でやまぐちとむらおかはプチ沈没。

 

 

【クスコから日本に荷物を送る情報】

クスコから日本には郵便局から航空便で荷物が送れます(船便はありません)。

ダンボールや梱包は郵便局の売店のおばちゃんが10ソレスでやってくれます。

重さで変わりますが、やまぐちとむらおかは3キロで180ソレスでした。(7000円くらい)

お金を払うときにパスポートを提示して、さらにコピーを提出しなきゃいけません。

コピーは近くのコピー屋で自腹です。

荷物は約2週間でやまぐちの実家に届きましたよー

 

やまぐち

元旦にマチュピチュ行って縁起がいいかと思いきやそうでもなかった話。

 

 

ある日、やまぐちとむらおかは、元旦にワイナピチュに登ったら縁起良さそうやな~と思いました。

 

 

というわけで、アグアスカリエンテスからバスで30分。

f:id:ringokiwi:20170122013333j:plain

 

 

ジグザグ山道を進み、マチュピチュに到着しました!

f:id:ringokiwi:20170122014414j:plain

 

歴史の教科書かなんかで見たマチュピチュ

わくわく♪

 

ゲートでは初詣並みに並びます。

f:id:ringokiwi:20170207103525j:plain

 

 

チケットとパスポートを見せて、ようやく入ることが出来ました。

 

じゃーん!!!

f:id:ringokiwi:20170122013723j:plain

 

山から見える太陽もすてきです。

f:id:ringokiwi:20170122013619j:plain

 

 

1400人までと決まっているワイナピチュはチケットを買う時に登山時間を決めます。

やまぐちとむらおかは7時から8時のあいだに登山口に行かなければなりません。

ちなみに、チケットはネットでむらおかが予約してくれたのですが、3週間くらい前で元旦は残り3席だったそうです。

 

さっそくワイナピチュの登山口を目指します。

f:id:ringokiwi:20170122013743j:plain

 

が、途中で道を間違え、マチュピチュ山方面へ。

人が多くて看板を見落としてしまいました。

ゲートを抜けてから左に行くとマチュピチュ山、まっすぐ行くとワイナピチュ山です。

 

あのとんがったてっぺんへ。

f:id:ringokiwi:20170207103502j:plain

 

なんとか登山口へ。

f:id:ringokiwi:20170122014406j:plain

 

日本人も何人かいました。

7時になり開門です。

ノートに時間と名前を書いて、いざ!

f:id:ringokiwi:20170122014353j:plain

 

最初は普通の山道。

 

途中から遺跡っぽい石が増え、階段がじわじわ脚にきます。

がんばれー。

f:id:ringokiwi:20170122232421j:plain

 

新年パワーで10人くらい抜かしました!

 

サクサク進んで片道40分くらい。

結構高いです。

f:id:ringokiwi:20170122230632j:plain

 

多分、2017年日本人一番乗り!

f:id:ringokiwi:20170122231012j:plain

 

やったー!!

f:id:ringokiwi:20170207103433j:plain

 

お天気にも恵まれて、マチュピチュも見える!!

気分はインカの王様です。

f:id:ringokiwi:20170122013730j:plain

 

写真を撮りまくっていましたが、あとからどんどん人が来るので譲って下山することに。

 

と思ったけど下は下で素敵な写真ポイントがいっぱい。

f:id:ringokiwi:20170207103512j:plain

 

 

帰りに分かれ道があって、月の神殿にも行くことができましたが、やまぐちとむらおかは満足だったので下山してマチュピチュの遺跡を見ることにしました。

 

 

なぜか逆立ちしてるお兄ちゃんもいました。

f:id:ringokiwi:20170122230640j:plain

 

そうこうしているうちにむらおかは崖から落ちたようです。

大変ですなあ。

f:id:ringokiwi:20170207110756j:plain

 

ワイナピチュからおりて、マチュピチュは、一方通行で見ていきます。

f:id:ringokiwi:20170122231107j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170207103439j:plain

 

石がいっぱい積んであって迷路みたいで楽しかったです。

f:id:ringokiwi:20170122230923j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170122231321j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170122231837j:plain

 

リャマもいました。

f:id:ringokiwi:20170122013855j:plain

 

子供の時に教科書で見たあのマチュピチュに今いるなんて、なんだか、実感があまりなかったのですが、確かにいたようです。

f:id:ringokiwi:20170207103509j:plain

 

 

マチュピチュを堪能したら、次はワイナピチュとセットで見るために反対側に登ります。

 

 

あれ???

 

 

 

f:id:ringokiwi:20170122231050j:plain

 

 

f:id:ringokiwi:20170122232707j:plain

 

 

ワイナピチュ頑張って登ったけど、こっち側の景色の方がよくない??

 

 

ちなみにこっちは、人数制限がないのでマチュピチュで誰でも登れます。

 

あれ??

 

いやいや、そんなことないわ。

たぶん。

たぶん!!

 

お正月なので鏡餅トトロも入れてみました。

f:id:ringokiwi:20170122232631j:plain

 

 

こっちでもリャマ!

f:id:ringokiwi:20170122231126j:plain

 

写真を撮っていたらお腹が空いてきました。

 

そろそろアグアスカリエンテスに戻りましょう~

 

マチュピチュ内は飲食禁止なので、ちゃんと食べるなら戻らなきゃいけないのです。

一応ゲートにカフェがありますが、高そ、、、

 

 

レストラン高いのでいつものメルカドへ。

 

メルカド飯はスープとメインで8ソルでした。

 

他の街より12ソル割高。

これもマチュピチュ効果ですね。

 

食後にフルーツミックスジュース。

日本に比べるとフルーツが安いので、デザートによく食べてます。

 

パパイヤとバナナとパイナップルと、水。

一瞬、あ、水、、、って思ったけど、これがやっぱり。

 

 

大当たり。

おめでとう。

新年早々。

 

部屋に戻るとなんだか気持ち悪い。

 

きた・・・!!!

 

頭痛と嘔吐と腹痛と下痢のフルコース。

 

むらおかは飲んでないので元気でした。

 

そんなわけで、やまぐちの元日は午前はワイナピチュとマチュピチュを拝み、午後からホステルでのたうち回っておりました。

 

後半写真がないのはそのためです。

 

下痢はその後3日続きました。

運が、、、あ、やめときます。

 

やまぐち

マチュピチュでの初日の出を目指して!リマ→クスコ→マチュピチュの大移動\(^o^)/

むらおかです

 

 

 

ここ数日は移動に時間を費やしていました

 

 

 

その理由はタイトルの通り

 

 

 

マチュピチュで初日の出を迎えるためです\(^o^)/

 

 

 

移動続きだったので正直もうしばらく移動はしたくないですね( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

 

 

 

 

 

 

スタートはリマ!

 

 

 

まずはインカ帝国の首都クスコに向かいました

 

 

 

移動はネットで評判のいいCIVA社のSuperCIVAというバスを利用しました

excluciva.com.pe

 

 

 

予約は桜子のなつきさんに教えてもらったこちらのサイトでしています

busportal.pe

 

 

 

ペルーのバスは会社毎にターミナルがわかれているという話でしたが、われわれが予約したルートは共同のターミナルでした

f:id:ringokiwi:20170121063604j:plain

 

 

 

なおこの会社のバスはEconoCIVA→SuperCIVA→ExcluCIVAの3つのグレードがあるようですが、移動が長時間になるため真ん中のグレードのSuperCIVAにして、一人37ドルでした

 

 

 

(ネットで予約できる会社の中では)最安クラスでしたが、座席はCruz Del Surと同じ感じでなかなか快適です

 

 

 

違いがあるとすれば、メシがかなりしょぼかったのと映画がずっと流れていて若干うるさかったことくらいですかね

 

 

 

あ、移動は21時間でしたよ( ゚д゚)

 

 

 

道中はサンドボードで有名なイカや地上絵で有名なナスカのそばを通りました

 

 

 

さらにクスコは標高が3,000mを超えており、深夜は山道を駆け抜けます

 

 

 

幸運にもわれわれは高山病にはなりませんでしたが、後ろのおばちゃんが吐く音で何度か目を覚ましました、、、

 

 

 

そうこうしているうちにクスコに到着!

今回の宿はこちらのQamaq Hospedaje Familiarです

www.tripadvisor.jp

 

 

Booking.comで朝食付きでダブル一室一泊2,000円くらいでした

 

 

 

Wifi、シャワーいずれもOK!かなり清潔でいい感じです

 

 

 

到着の日は一日休んで、次の日にセントロでマチュピチュのバスを予約しに行きます〜

 

 

 

マチュピチュへの行き方はいろんなブログで紹介されておりますが、節約のためにわれわれはクスコ→水力発電所をバス、水力発電所→マチュピチュ村を徒歩の通称スタンド・バイ・ミールートで行くことにしました

 

 

 

バスは往復一人60ソレス(2,100円くらい)!

 

 

 

いろんな代理店に行きましたが、一件目に行ったこちらの店が最安でした

www.tripadvisor.com

 

 

そして次の日の朝!

 

 

 

言われた時間言われた場所に向かいます

 

 

 

そこに受付をしてくれたお姉ちゃんが待っている

 

 

 

 

 

 

はず…

 

 

 

でしたが…

 

 

 

あれ???

 

 

 

いなくね?

 

 

 

まじか( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

 

 

 

しかも代わりにラップ(音楽の)が好きそうな若干あやしいおじさんがいてこちらに声をかけてきます

 

 

 

話を聞くとどうやら昨日のお姉ちゃん=代理店、ラップおじさん=バス会社のようす

 

 

 

お姉ちゃんは「明日待ってるからね!」って言ってくれていたはずなので若干不安を覚えましたが、為す術もなくおじさんについていきます

 

 

 

大丈夫かなーと正直内心かなりドキドキ(海外であやしい人に着いて行くのは基本ダメです)、、、

 

 

 

かなり不安でしたが、無事われわれの乗るバスにたどり着くことができました

 

 

 

まあバスはなかなか出発しませんでしたけどね!

 

 

 

結局1時間遅れで出発でした

 

 

 

道中はまさに山あり谷あり

 

 

 

道路の上を川が流れていたりしました

 

 

 

極めつけはこちら〜 

f:id:ringokiwi:20170130092500j:plain

 

 

いやガードレールないじゃないすか、、、

 

 

 

そんなこんなしながら経由地の水力発電所まで6時間の移動でした

 

 

 

お次は水力発電所からマチュピチュ村までスタンド・バイ・ミー

f:id:ringokiwi:20170130093228j:plain

 

 

 

ちなみに到着したところに線路がありますが、

 

 

 

スタンド・バイ・ミーするのはこの線路ではありません\(^o^)/

 

 

 

若干標高が高いところに線路が並行に2本(最初の線路と合わせると計3本)走っていて、一番高いところにある線路を歩くのが正解です

 

 

 

最初の線路を少し歩いて右手にある坂を登りましょう(ほんとにわかりづらいので近くにいる地元民に確認したほうがいいです)!

f:id:ringokiwi:20170130085010j:plain

 

 

 

金持ちたちに煽られたりしながらマチュピチュ村までは2時間半かかりました

f:id:ringokiwi:20170130085128j:plain

 

 

 

正直行きのバスで疲れてしまっていたので、かなり過酷でしたね、、、

 

 

 

街はこんな感じ

f:id:ringokiwi:20170130085214j:plain

f:id:ringokiwi:20170130090017j:plain

f:id:ringokiwi:20170130092714j:plain

 

日本の温泉街みたいです( ゚д゚)

 

 

 

というのもマチュピチュ村の正式名称はアグアスカリエンテスといってまんま温泉という意味らしく、街の上流には温泉があるようです

 

 

 

宿泊先はこちらのHospedaje Gabyにしました

www.tripadvisor.com.pe

 

 

 

飛び込みで行ってツイン一室40ソル(1400円くらい)

 

 

 

お湯はまあまあで少し部屋はジメッとしていますが、まあ大丈夫なレベル

 

 

 

Wifiは最強でした(南米基準)

 

 

 

無事到着できるか不安でしたが、到着できてホッと一息!

 

  

 

明日は一日ゆっくり休んで明後日(元日)にマチュピチュに行きたいと思います〜

 

 

 

むらおか

なんかイメージと違いすぎるよ( ゚д゚) リマは大都会!

むらおかです

 

 

リマに来て早2日がたちますが、

 

 

ペルーってこんなところでしたっけ。。。

 

 

ペルーに来る前のイメージは

 

 

顔が黒くてスカートを履いた先住民(インディヘナと言います)の方が

 

 

アルパカに乗って山を歩いている感じでした

 

 

しかし

f:id:ringokiwi:20170105121200j:plain

 

 

 

( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

 

 

 

ここは東京ですか…???

 

 

どうやら新市街にあるラルコマール(Larcomar)と言うショッピングモールでリマのお台場的な場所とのこと

www.tripadvisor.jp

 

 

スポーツ用品、アウトドア用品、ブランドなどの店が揃っている上にテラスからは海が一望できます

f:id:ringokiwi:20170105121246j:plain

 

 

きれいだなー

 

 

そもそもリマが海岸沿いにあることすら知らなかったのは内緒です

 

 

ラルコマールに行った日はクリスマスだったので、なんとなく豪華な食事を食べてみました

 

 

 

リマの国民料理セビーチェと名前はわからないですがイカのピリ辛炒め

f:id:ringokiwi:20170105121355j:plain

 

 

久しぶりにちゃんとした料理を食べましたね、、、

 

 

 

2品、ドリンク込みで2,000円くらいでした

www.tripadvisor.com.pe

 

 

ラルコマールの後はParque de amorに移動☆

 

 

日本語に訳すと「恋人たちの公園」で、男女が絡み合ってるなかなか大胆な銅像がありました

f:id:ringokiwi:20170105121502j:plain

 

  

 

さすが南米といったところでしょうか( ゚д゚)

 

 

新市街はまあ他にこれといったものはなかったですが、海岸を見ながら散歩できたのでかなり爽快でした

 

 

 

次の日は旧市街を散策!

 

 

 

サンフランシスコ教会

f:id:ringokiwi:20170105122022j:plain

 

 

 

こちらには大規模なカタコンベ(地下墓地)があり、写真は禁止のためありませんがたくさん骨をみました

 

 

 

骨を見た後は街をぶらぶら

f:id:ringokiwi:20170105122113j:plain

f:id:ringokiwi:20170105123046j:plain

f:id:ringokiwi:20170105123110j:plain

 

 

教会や大聖堂のある街並みで、モントリオールに始まり、メキシコシティ、キトと正直見飽きてきた感は否めませんが、リマが一番壮大でしかも綺麗に思えました

 

 

慣れって怖いですね、、、

 

 

 

それと

 

 

ついに

 

 

ついについに!

 

 

 

陸むらおかが海むらおかに進化しました\(^o^)/

 

 

 

ガラパゴスの感覚を思い出しながら、宿のプールで練習したところ案外あっさり泳げました笑

 

 

正直そのときプールで泳いでいた人の中で一番うまく泳げていたのではないかと思います

 

 

というのも周りのおっちゃんはものすごい勢いでクロールをするのでめっちゃ速いのにもかかわらず息継ぎが前だったり、手は平泳ぎなのに足はバタ足だったりでなかなかカオスでした

 

 

 

次はクスコにいってきまーす

 

 

おまけ☆

ペルー名物インカコーラ

f:id:ringokiwi:20170105122532j:plain

 

むらおか

 

グアヤキル→リマ約30時間の大移動!6か国目はアルパカの国ペルー(^^)/

どうもむらおかです

 

 

 

いよいよ6か国目のペルーに来ました(^^)/

 

 

 

ペルーといえば

 

 

 

アルパカとか

f:id:ringokiwi:20170104020723j:plain

 

 

 

アルパカとか

f:id:ringokiwi:20170104020448j:plain

 

 

 

アルパカとかで有名ですね 

f:id:ringokiwi:20170104020749j:plain

 

 

まあ他にもマチュピチュとかクスコとかチチカカ湖とか南米の中でも見どころがたくさんある感じの国です

 

 

 

またコロンビア、エクアドルと治安の悪いところが多い印象でしたが、ペルーは割とマイルドで、しかもご飯がうまいという評判なのでかなり楽しみにしていた国の一つです

 

 

 

移動はかなり大変でした( ゚д゚)

 

 

 

今回の大移動はガラパゴスサンタクルス島からスタート

 

 

 

ホステルを6時頃チェックアウトした後、まずはタクシー(二人で1ドル)を使って郊外のバスターミナルへと移動

その後バス(一人2ドル)に一時間ほど乗ってサンタクルス島の北の端にある船着き場に向いました

f:id:ringokiwi:20170104022158j:plain

 

 

 

船着き場についたら今度は渡し船(一人1ドル)にのってバルトラ島に移動した後、さらにもう一度バス(無料)に乗り換えてようやく空港に到着しました

f:id:ringokiwi:20170104024120j:plain

 

 

 

 

サンタクルス島のバスは窓から野生のゾウガメが見れたりして楽しめましたが、せめて街からバスを出すとか、航空券を持っている人は最初のバスを無料にするとか、荷物は係員がまとめて移動させるとかいろいろ頑張って欲しいところです( ゚д゚)

 

 

 

ガラパゴスの空港からは1時間半ほどでエクアドル最大の都市グアヤキルの空港に到着です

f:id:ringokiwi:20170104024202j:plain

 

 

キトの空港もすごかったですが、グアヤキルの空港もめちゃくちゃきれい( ゚д゚)

f:id:ringokiwi:20170104022407j:plain

 

 

 

南米といえど都会はどこもかなり発展していますね、、、

 

 

 

グアヤキルではこちらの宿DC Suitesに泊まりました

www.tripadvisor.com

 

 

Suites(スイーツ)という名前ですが、二人で一泊37ドルの安宿です

 

 

 

宿はWifiがかなり早く、お湯もしっかりでたりと割と快適でしたよ☆

 

 

 

お金(3ドルとか)を出せば送迎もしてくれます

 

 

 

グアヤキルは非常に治安が悪い(むらおか調べによるとエクアドルNo.1、、、)のと見どころがあまりないようなので一泊のみの滞在です

 

 

 

数年前には日本人の夫婦が事件に巻き込まれていましたね( ゚д゚)

 

 

 

疲れていたので結局近くのスーパーくらいしか外出しませんでしたが、一般民家の塀の上に高圧電流が流れてるあたりさすがグアヤキルという感じでした

f:id:ringokiwi:20170104023710j:plain

 

 

 

ちなみにメシはめちゃくちゃうまかったです

f:id:ringokiwi:20170104023743j:plain

 

 

 

どローカルなので地図には乗っていませんでしたが、地図のSmartekの近くです

 

 

 

南米は米が主食なのがいいですね

 

 

 

 

 

 

次の日はペルーの首都リマまで国際バスで移動しました

 

 

 

南米の国際バスというとCruz del SurとOrmeñoが非常に有名ですが、今回は時間が合うCruz del Surを利用☆

www.tripadvisor.com

 

 

 

所要時間はなんと28時間!

 

 

 

一人90ドル(三食付き)と南米にしてはお高めですが、シートが柔らかくてかなり倒れるので割りと快適です

 

 

 

というか

 

 

 

このくらいのバスじゃないとケツがもちません( ゚д゚)

 

 

 

途中エクアドルとペルーの国境で入国手続きをしましたが、

f:id:ringokiwi:20170104023933j:plain

 

 

 

急にペルー側の職員がサングラスをつけて自撮りをし始めたり、

 

 

 

入国手続きのカメラ撮影の際に、旦那さんが奥さんの腰に手を回して記念撮影みたいな感じでポーズをとってたりとかなりフリーダムな感じでした

 

 

 

エクアドルとペルーのイミグレは一つの建物内で横並びになっていて、かなりスムーズに手続きができたのは南米らしからずすごくよかったですね

 

 

 

道中は景色(砂漠!)を見たり、寝たり、やまぐち大魔王に毛をひっぱられたりして時間を過ごし、時間通りリマのバスターミナルに到着しました

f:id:ringokiwi:20170104024034j:plain

 

 

 

リマはUberがあるので、バスターミナルからはUberを使ってようやくゴールの宿お宿桜子へと到着です

www.tripadvisor.jp

 

 

 

この旅はじめての日本人宿!

 

 

 

日本人宿なだけあってWifi、お湯は完璧です

 

 

 

しかも3泊すると併設のサウナorプール無料券がもらえます

 

 

 

到着した日はちょうどクリスマスイブだったのでみんなでパーティー! 

 

 

 

パーティーも終盤であまり食料がなかったのでタダでビールを飲めて最高でしたね☆

 

 

 

あとはクリスマスになった瞬間、花火がめちゃめちゃあがってきれいでした

f:id:ringokiwi:20170104024931j:plain

 

 

 

ケツをしっかり休ませて、明日はリマを観光します〜

 

むらおか

サンタクルス島は都会だなあ( ゚д゚) 魚市場で魚三昧再びの巻

むらおかです

 

 

 

楽しかったイザベラ島を後にし、サンタクルス島に戻ってきました

 

 

 

イザベラ島ではペンギンとか、アシカとか、アオアシカツオドリとか、イグアナとか、

 

 

 

やまぐちとか

 

 

 

いろんな動物がいました

 

 

 

しかもフェリーでサンタクルス島に向かうフェリーの後ろでイルカがジャンプするという奇跡が起こり、正直もうイザベラ島には言うことがありません

 

 

 

 

一方、サンタクルス島は

 

 

 

お土産屋が立ち並ぶ

 

 

 

The観光地(;゚д゚)

 

 

 

ガラパゴスの島は好き嫌いが分かれるようですけど、われわれはサンタクルスはあんまりかな〜という感じなので

 

 

 

サンクリストバル島→イザベラ島の経由の1泊とイザベラ島からの帰りの計2泊のみの滞在になりました

 

 

 

なおツアーが一番多く出てるのはサンタクルス島らしいなので、色んなツアーに参加したい方にはサンタクルス島が拠点になると思います\(^o^)/

 

 

 

今回の宿はこちらのHostal Costa del Pacifico

www.tripadvisor.com

 

 

事前に調べていた最安?の宿が埋まっていたので、港から近いこちらの宿にしました

 

 

 

値段は交渉して一泊一室40ドル!

 

 

 

部屋はかなり清潔でホットシャワー・タオル完備!

f:id:ringokiwi:20170121042545j:plain

f:id:ringokiwi:20170121042644j:plain

 

 

Wifiはつながるときは速いですが、全くつながらないこともあったので何とも言えません\(^o^)/

 

 

 

また、キッチンは従業員用ですが、他の宿泊客が少なかったからか使わせてもらうことができました

f:id:ringokiwi:20170121042934j:plain

 

 

 

Bookingでは45ドルくらいで出ている宿なので、最安ではないもののかなりお得に泊まれたと思っています

 

 

 

サンタクルス島では定番スポットであるダーウィン研究所とか魚市場に行きました 

 

 

 

ダーウィン研究所の方は正直それほどだったので何も書くことがないですが、魚市場はおもしろかったです

f:id:ringokiwi:20170121043718j:plain

f:id:ringokiwi:20170121043204j:plain

f:id:ringokiwi:20170121044207j:plain

f:id:ringokiwi:20170121044409j:plain

 

 

 

 

魚を捌いてるおばちゃんおじちゃんの後ろでペリカンとかアシカがおこぼれを狙っていて、たまに余った魚を投げると争奪戦が始まります

 

 

 

われわれはここでスズキとマグロをゲットしました(1リブラ=約500gでそれぞれ4.5ドル、3ドル)

 

 

 

 

あとは付け合わせの食材を買うためにローカルの市場に行きました

 

 

 

内訳は覚えていませんが、トマトとネギで90セントでした

 

 

 

 

イザベラ島とかでは大きめのトマト缶が7ドルとかしてドン引きでしたが、市場の野菜は比較的手の届くレベルでした

 

 

 

 

晩御飯はこちら(マグロの写真はありませんでした、、、)♪

f:id:ringokiwi:20170121042050j:plain

 

 

 

 

マグロはイザベラ島の幻のおばちゃんから買ったものに及びませんでしたが、焼いたスズキは身がプリプリしていて絶品でした

 

 

 

 

魚調理担当のやまぐちは心なしか得意気です( ゚д゚)

 

 

 

 

遊んでよし、食べてよし。

 

 

 

ガラパゴス出たくないなあ…( ゚д゚)

 

むらおか