やまぐちとむらおかのふわふわ世界一周

2016月8月29日〜二人で世界一周中☆★

やまぐち、ついに牛タンをさばくの巻

 

 

メンドーサに来てから、毎日ステーキ&ワイン三昧のやまぐちとむらおかです。

f:id:ringokiwi:20171011110806j:plain

 

飽きたり胃もたれしたりするかと思いきや、ぜんっぜん!!

f:id:ringokiwi:20171011111349j:plain

 

むしろ絶好調で毎日肉とワインを胃袋に流し込んでおります。

f:id:ringokiwi:20171011111337j:plain

 

日本の和牛のように、繊細な脂身ではなく赤身なのですが、某国産のような硬いギシギシ肉でもなく、赤身肉の旨味があり、とにかくおいしいのです。

そして、安い。

f:id:ringokiwi:20171011111517j:plain

 

肉じゃがもカレーも牛肉で育ったものの、一人暮らししてからは豚肉か鶏肉しか買わなかったやまぐち。

ここアルゼンチンなら牛肉が買えます\(^o^)/

 

それだけでも、メンドーサに来て良かったといえるでしょう。

 

ああ、しあわせや。

f:id:ringokiwi:20171011113050p:plain

 

ちなみに、肉屋さんでは部位を指定して買うので、毎回カンでおいしそうなやつ選んでたのですが、唯一やまぐちが覚えたのはLomo(ロモ)とAsado(アサド)。

ロモはロースのことです。

 

アルゼンチンには串焼きBBQ文化があって、Asado(アサド)というと、それ用の串にさす長いお肉が出てきました。

でもちょっと硬かったので、ロモが確実。

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりました。

 

 

 

メンドーサに来てからやってみたかったこと。

 

 

 

 

 

牛タンを腹いっぱい食べる。

 

 

 

いつもの肉屋さんに行きました。

f:id:ringokiwi:20171011111522j:plain

 

 

 

やま「牛タンください」

 

にくや「じゃあ、夕方入荷するから取りに来て」

 

やま「おっけー」

 

 

〜夕方〜

 

やま「牛タンある?」

 

にくや「あるよ」

 

 

そして、奥の冷蔵庫から出てきたのは、、、、、、

 

 

 

 

ダダーン!!

f:id:ringokiwi:20171011111400j:plain

 

 

 

牛の舌根から舌尖まで。

 

 

やま「まじで?ちょっとでいいんだけど」

 

にくや「ごめんね。タンは1本売りなの」

 

 

むらおかはちょっとひいていましたが、やまぐちの牛タン熱は誰にも止めることはできません。

 

 

何キロあるんだろう。

片手では持てませんでした。

むらおかに持ってもらいながら帰ります。

 

お値段は120ペソ(約860円)

 

 

やすっ!!

 

 

 

おなかいっぱい牛タンを食べるために、まずはYou Tubeでお勉強。

 

 

牛タン解体開始〜(2時間かかりました)

 

まずは塩水でごみとか血とかよく洗います。

べろ〜ん。

f:id:ringokiwi:20171011111355j:plain

 

 

で、いらん顎の骨とか脂とか筋とかをとります。

食べれそうな筋とかは、あとでタン先と一緒に煮物にするのでよけときます。

f:id:ringokiwi:20171011113035p:plain

 

ここで宿のオーナー登場。

盛大に散らかして注意されるかと思いきや、

 

「タン?いいわね〜私もよく食べるのよ♪♪」と言い、出かけていきました。

 

 

さすがアルゼンチン。

宿でタンさばいててもだれも全く動じません。

宿泊者が少なくてキッチン空いててよかった。

 

さて、舌だけになったら、焼肉用のタン元と煮込み用のタン先に分けます。

あ、そうなんです。やまぐち左利きなんです。

f:id:ringokiwi:20171011113054p:plain

 

べろ〜〜ん。

f:id:ringokiwi:20171011113042p:plain

 

 

 

次にザラザラした皮をはぐのですが、そのままだと難しいので、煮込みにするタン先はさっきの筋と一緒に茹でてしまします。

ついでにアク取りも。

f:id:ringokiwi:20171011111406j:plain

 

焼肉用は、火が通ったら嫌なのでラップで包んで半冷凍します。

 

で、切りやすい硬さになったら包丁でザラザラ皮を削いでいきます。

 

ほんで、スライス。

塩コショウ。できあがり。

サシが入っておいしそう!

f:id:ringokiwi:20171011111418j:plain

 

 

ちょっと味見。

 

ふふーん♪

f:id:ringokiwi:20171011113038p:plain

 

 

翌日、サッと炙って牛タン丼に。 

f:id:ringokiwi:20171011110847j:plain

 

翌々日はトマトも追加。

しあわせや。

f:id:ringokiwi:20171011111423j:plain

 

 

タン先と筋は、醤油とコーラと余った赤ワインでに煮込みました。

あ、コーラはみりん代わりでございやす。

f:id:ringokiwi:20171011110852j:plain

 

 

おなかいっぱい牛タンを食べて大満足でした。

最後にもう一度肉屋さんの写真を。

f:id:ringokiwi:20171011113047p:plain

 

やまぐち

メンドーサでワイナリー巡り♪♪ボデガ・ロペス

 

 

メンドーサの宿から路線バスで南東に小一時間。

 

ワイナリーが多く集まる、マイプmaipu地区にやってきました。

 

 

少し郊外にあるのですが、道も整備されていてきれいです。

 

あ!!バスの話!!

バスに乗るのにプリペイド式のカードがいるのですが、セントロの看板が出ている商店で買えます。

やまぐちとむらおかが行ったお店は、ことごとく売り切れでしたが(´;ω;`)

 

しかし、困っていたら、商店のおじさんがなんと自分のをくれました!!!

 

最初は、カード式って知らずに乗ってしまい、運転手さんに現金で払おうとしたら、払わなくていいと言われました。

他の乗客も、いいよいいよ〜みたいな雰囲気で見てきます。

 

と言っても無賃乗車は気分のいいものじゃありません。

 

なんだかバスの運賃システムが最後までよく分かりませんでしたが、素敵な人がいる街です、メンドーサ。

 

メンドーサのセントロから電車も出てるので、行きと帰りで変えたら楽しいかもです。

電車も同じくバスのカードでピッとやれば乗れます。

f:id:ringokiwi:20171008094915j:plain

 

 

駅。改札とかなくてゆるいかんじ。

f:id:ringokiwi:20171008094911j:plain 

 

さて、ワイナリーは広いので、自電車を借りるのが一般的な回り方かと思います。

(週末は周遊バスも出てるみたいです!)

 

気を抜くとチェーンが外れるおしゃれな自転車でまずやってきたのは、 

f:id:ringokiwi:20171008094850j:plain

 

老舗ワイナリー、ボデガ・ロペスBodegas Lopez。

電車の駅も、ロペスから歩いてすぐのところにあります。

f:id:ringokiwi:20171008094905j:plain

 

f:id:ringokiwi:20171008094640j:plain

 

 

 

ここは、ワイナリー見学無料+試飲付きなのです。

 

早速、エントランスをくぐり中に入ると、ロペスのワインがいっぱい。

f:id:ringokiwi:20171008094646j:plain

 

かわいいラベル。

ワインはラベルで選んでしまうやまぐちです。

f:id:ringokiwi:20171008094651j:plain

 

 

さて、英語ツアーを受付で申し込みました。

 

時間まで撮影タイムです。

よく見るとむらおかが写っています。

f:id:ringokiwi:20171008095517p:plain

 

ワインが小さいのか、グラスがでかいのか。

f:id:ringokiwi:20171008094705j:plain

 

ワインがでかいのか、やまぐちが小さいのか。

f:id:ringokiwi:20171008095529p:plain

 

ビンテージワインも飾られてありました。

腐ってないのが不思議。

f:id:ringokiwi:20171008094709j:plain

 

時間になり、担当のお兄さんが声をかけてくれます。

カナダ人のおじいさんたちと一緒の6人グループでした。

 

 

ワインに使われるぶどう。

f:id:ringokiwi:20171008094726j:plain

 

 

大きな機械でがガガガガーっと。

f:id:ringokiwi:20171008094720j:plain

 

搾りかす。

f:id:ringokiwi:20171008094737j:plain

 

このぶどう、試しに一粒食べたけど、めちゃくちゃおいしかったです。

ワイン用じゃなくて、普通に食べたいくらい甘い。

 

そして、色々経て(決して聞いてなかったわけじゃありませんw)、樽で寝かせます。

f:id:ringokiwi:20171008094804j:plain

 

お兄さんの身長から樽の大きさが分かります。

f:id:ringokiwi:20171008095029j:plain

 

なんと、その樽の入口から年に1回、業者の人が入って中を消毒清掃するそうです。

業者の人っていうか、雑技団ですかね。

すごいです。

 

さらに色々経て、試飲タイムです!!

なんと3種類!!

太っ腹♡

f:id:ringokiwi:20171008094809j:plain

 

もちろんお土産(自分ら用ですが)、お買上げ♡♡

f:id:ringokiwi:20171008095115j:plain

 

ワインの話を聞けたし、ワインも飲めたし、すっかり気分が良くなったやまぐちとむらおか。

 

1軒で十分満足してしまいました。

 

 

帰る??

いやいや。

 

 

ワインのぶどうが育つということは、オリーブも育つ。

 

そうです。メンドーサにはオリーブ畑もたくさんあるのです!!

 

その中の一つに行きました。

 

町工場のような小さなオリーブ工場。

でも周りにはでっかいオリーブ畑が広がっています。

f:id:ringokiwi:20171008095108j:plain

 

設備これだけ。

f:id:ringokiwi:20171008094819j:plain

 

タンクの中には、オリーブがいっぱい。

f:id:ringokiwi:20171008094745j:plain

 

 

ここは見学料で500円位かかったのですが、お土産に瓶入りオリーブのペーストを2つもくれたので、お得でした。

これがクラッカーとかワインに合うんだな♪♪

 

入り口で記念撮影。

f:id:ringokiwi:20171008095525p:plain

 

 

 

うーん。

せっかくなので、もう一軒ワイナリーに言ってみることにしました。

 

オーガニックワインを扱うワイナリー、「CECCHIN(セッチン)」。

日本人的にはどうしても「雪隠」しか思い浮かばないですね。

 

残念なことに、着いたらもう受付時間終わってました(T_T)

 

なのでエントランスだけ。

f:id:ringokiwi:20171008094922j:plain

 

中は、おしゃれなかんじです。

f:id:ringokiwi:20171008094841j:plain

 

ラベルもスタイリッシュ。

f:id:ringokiwi:20171008094846j:plain

 

おみやげ(自分用)に1本。

f:id:ringokiwi:20171008094933j:plain 

 

夕方になったので帰ります。

 

自転車をお店に返したら、白ワイン出してくれました。

飲酒運転にならなように返却後のサービスです。

f:id:ringokiwi:20171008094854j:plain

 

帰りにオッドアイのわんこを見つけました。

f:id:ringokiwi:20171008094859j:plain

 

電車でのんびり帰ります。

f:id:ringokiwi:20171008095521p:plain

 

メンドーサ生活つづく。

 

やまぐち

 

 

サンティアゴ→メンドーサ バス移動&宿情報

 

今日は、サンティアゴからアルゼンチンの街、メンドーサにバス移動します。

 

チリとアルゼンチンの国境にはアンデス山脈が高々とそびえていて、南北アメリカ大陸最高峰アコンカグア(6962m!!)も見ることができるそうです。

 

そういえば、メキシコのグアダラハラで知り合ったカリフォルニアのピーちゃんも、おすすめって言ってたなあ。

これは期待できそう!!

 

なんだかやまぐち体調不良ですがね。

鼻水が止まりません。

f:id:ringokiwi:20171006151248p:plain

 

バスのチケットはTur busのネットで買いました。(41.18USドル=約4600円)

7時間のバス旅のはじまりはじまり〜♪

 

ほぼ山道のバスは、たしかに絶景!!

f:id:ringokiwi:20171006151227j:plain

 

グネグネ道。

f:id:ringokiwi:20171006151230j:plain

 

アコンカグアどこや。

f:id:ringokiwi:20171006151235j:plain

 

途中、国境で1時間以上とまりました。

バス1台ずつ荷物検査と出入国審査をするので、ズラ~っと並びます。

トイレも並んでたので我慢…

 

パスポートのスタンプは、なぜかチリの出国スタンプはなく、アルゼンチンの入国スタンプだけ。

なんかそういう協定でもあるんですかね。

 

さらに荷物検査後に、なぜかバスの乗務員にチップ要求されました。

 

え、なんにもしてもらってないけど???

スルースルー。

 

 

結局アコンカグアがどれかわからないまま、夕方メンドーサに到着。

まあいっか。

 

街の中心から少し離れたところに宿を取っていたので、バスターミナルからはタクシーで移動しました(15〜20分くらいで58アルゼンチンペソ=約417円)

 

宿情報は一番下に記載します!

 

 

メンドーサと言えばワイナリー!!

アルゼンチンと言えばステーキ!!

 

もう、メンドーサ最高なんじゃないかと期待とよだれが溢れます。 

 

 

普通のスーパーでもこの品揃え。

f:id:ringokiwi:20171006152341j:plain

 

公園の噴水もワイン色。

f:id:ringokiwi:20171006152328j:plain

 

 

ちょっとこわい。

f:id:ringokiwi:20171006151326j:plain

 

血の池…

f:id:ringokiwi:20171006152323j:plain

 

マクドにもハーフボトルのセットが!!

f:id:ringokiwi:20171006152331j:plain

 

 

 

ワイン愛はよくわかりました。

 

 

 

 

メンドーサの街を少し歩きました。

街路樹が植えられてあって、すごく雰囲気がいいです。

f:id:ringokiwi:20171006151240j:plain

 

ちょっと南米を忘れそうです。

f:id:ringokiwi:20171006152302j:plain

 

高そうなにゃんこ。

f:id:ringokiwi:20171006152253j:plain

 

クラッシックカー。

f:id:ringokiwi:20171006152258j:plain

 

木登りにゃんこ。

f:id:ringokiwi:20171006152346j:plain

 

さすがアルゼンチン。

サッカー少年が多いです。

f:id:ringokiwi:20171006152329j:plain

 

クラフトマーケットもやってました。

f:id:ringokiwi:20171006152312j:plain

 

この日はお祭りで、夜にパレードがあったのですが、一回部屋に帰ったら、出るのがめんどくさくなりました。

f:id:ringokiwi:20171006152350j:plain

 

 

アルゼンチン男子たるもの、肉のひとつも焼けんようじゃいかん!!

と、急にキッチンに立つむらおか。

f:id:ringokiwi:20171006152336j:plain

 

 

 

うそです。

やまぐちが体調不良なので代わりにご飯を作ってくれました。

 

 

宿は街の中心からバスで20分位離れたところにあったのですが、不便かと思いきや、最低限のお店はあるし、静かでよかったです。

 

アジア人が珍しいのか、よく話しかけられました。

たまご屋さんでは、たまごタダで貰えました(^o^)♪

 

メンドーサええとこや。

 

ほぼ毎日通って仲良くなったお肉屋さんの夫婦。

日本から来たって言ったら、ジャッキーチェンのポーズしようってなりました。

 

日本も香港もみんなアジア。みんな仲良しってことにしておきましょう!

f:id:ringokiwi:20171006151252p:plain

 

アルゼンチンでお気に入りのチョコ「ボンオボン」のアイスがありました!!

f:id:ringokiwi:20171006151247p:plain

 

しばらく滞在しそうな予感。 

 

 

☆宿情報☆

Casa de Gabo(カサデガボ

www.booking.com

 

最初の2泊したのがここ。

二間続きの素敵なお部屋に通してくれました。

なんと、プール付き!!

ホステルというよりは、ホームステイみたいな感じでした。

まだ始めたばかりみたいです。

1泊1部屋417ペソ(約3002円)。

 

 

3泊目からはこちら。

Otro del Mundo(オトロデルムンド)

www.booking.com

 

とにかく、スタッフのおばちゃんが親切。

レストランの予約もしてくれたし、何かあったらWhats appですぐ聞けるし、また泊まりたい宿の一つです。

洗濯機ないけど、言ったら洗ってくれました(50ペソ=350円)

空いてて、リビングもキッチンもゆっくり使えたのも理由の一つかも。

1泊1部屋526ペソ(約3790円)。

 

 

鼻づまりが治ったら、ワイナリーめぐりをします♪

 

 

 

やまぐち

 

 

サンティアゴの市場を探検!そうだ、ウニを食べよう♪&宿情報

 

イースター島を後に、またチリの首都、サンティアゴに戻ってきました!

 

 

大きな街です。

なにしよう(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

市場に行こう!!

サンティアゴには大きな市場があります。

 

さっそく、地下鉄を使って街の中心まで移動。

 

サンティアゴで強盗にあった話もいくつか聞き、警戒していましたが、お昼の地下鉄は至って普通な感じでした。

f:id:ringokiwi:20170910002836p:plain

 

セントラル市場に到着。

 

 

八百屋さん。

よく見たら、かぼちゃがでかい。

ほくほくしておいしそう。

f:id:ringokiwi:20171001235547j:plain

 

果物屋さん。

ぶどうとさくらんぼを買いました。

量り売りなので大量に買ってしまい、がんばって食べました。

f:id:ringokiwi:20171001235602j:plain

 

市場内にあるバーベキュー屋台。

うまい!!

パンつき。

f:id:ringokiwi:20171001235920p:plain

 

 

 

そうそう。

サンティアゴで食べてみたかったものがあります。

 

 

それは、、、、、

 

 

 

 

 

 

それは、、、、、

 

 

 

 

 

ウニ!!

 

 

 

 

海が近い町サンティアゴはビーニャデルマールと並ぶ、海鮮の街なのです。

それも、新鮮な海鮮を安く食べられるとのこと。

 

 

魚屋さんゾーン。

f:id:ringokiwi:20171001235559j:plain

 

雑多感は否めませんが、まあこんなもんでしょう。

f:id:ringokiwi:20171001235555j:plain

 

 

そして、そのままレストランゾーンへ。

 

やまぐちとむらおかが行ったレストランはこちら。 

ドンデ アウグスト

 

www.tripadvisor.jp

 

バックパッカーのブログによく出てくる日本人ご用達のレストランのようですが、

このあたりはシーフードレストランがいっぱいあるので、開拓するのも楽しそうです。

 

とりあえずのビール。

f:id:ringokiwi:20170910002853p:plain

 

早速、ウニと魚介のスープを注文しました。

 

日本と違い、こちらは玉ねぎ、レモン、パクチー、オリーブオイルでウニを食べます。

われわれが日本人だとわかると、醤油とわさび、割り箸を持ってきてくれました。

f:id:ringokiwi:20171002091333p:plain

 

でもせっかくなのでチリ風で。

おじさんが作ってくれました。

※レモンを絞ってくれている図。

f:id:ringokiwi:20170910002849j:plain

 

てんこ盛りのウニ。

これでハーフサイズなので、1人前にしなくてよかったです。

f:id:ringokiwi:20170910002842j:plain

 

魚介のスープも、お皿から溢れんばかり。

おいしかったです。

f:id:ringokiwi:20170910002846j:plain

 

 

これで22000ペソ(約3740円)は安いですな。

 

 

しかし。

 

 

ここで大問題。

 

 

 

 

 

 

やまぐちは、ウニを食べると食あたりになるようです!!!!

 

 

 

今までこんなことなかったのに…

 

ウニ好きなのに…

 

そういえば、ビーニャ・デル・マールでウニを食べたときも同じ症状に。

 

体質が変わったのか、チリのウニと相性が悪いのか。

 

今度回転寿司でウニ食べてみます。

 

なんてこった(´;ω;`)

 

 

 

 

シメは市場の激安ソフトクリーム(マンゴー味)です。

f:id:ringokiwi:20171001235915p:plain

 

 

 

ご参考までに☆

・・・サンティアゴで泊まった宿情報・・・

イースター島前後で3箇所に泊まりました。

 

・Lindo Hostel

www.tripadvisor.jp

 

個室が空いてなかったのでドミトリーに泊まりました。

一人8000ペソ(約1360円)で朝ごはん付き。

直接よりbookinng.comなどのサイトで取ったほうが安いです。

なんと3段ベッド!!

内装はおしゃれできれいだし、キッチンも2個あるし、部屋も広くて明るいですが、再訪はないかな。

なんとなく、雰囲気がやまぐちには苦手な感じでした。

1泊だけだったので連泊したらまた違ってたかも。

 

・Pinos Azules

www.tripadvisor.jp

個室で一部屋29USドル。

駅から少し離れていますが、住宅地にあって、静か&セキュリティもしっかりしていました。

管理人の親子も同じフロアに住んでいて、アットホームな感じです。

共有の冷蔵庫や棚も部屋ごとにスペースが決められていて、間違って使われるストレスが無いのが良かったです。

また泊まりたい宿です◎

 

・マジックホステル

トリップアドバイザーが出てこなかったのでGoogle情報です。

Santiago Magic Hostel - Google Search

 

pino azulesが延泊できなかったので、急遽近くのこっちに泊まりました。

一泊21USドル。

部屋は広くて快適でした。

ちょうどサンティアゴの断水の日に当たってしまい、シャワー、トイレ、キッチンの水回りはすべて使用不可。

スーパーの水は売り切れという思い出の宿です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

国土のように、ながーいチリ旅が終わりました。

次はいよいよステーキとワインの国へ。

 

 やまぐち

 

モアイ以外もいろいろあるよ!!イースター島。その②

 

やまぐちとむらおかが泊まっているキャンプサイトから少し行くと、島の人が使う漁港があります。

まだ観光客が起きてこない早朝、静かでのんびりしていて、最高の散歩コースです。

f:id:ringokiwi:20170929110625j:plain

 

どこかなつかしい雰囲気。

f:id:ringokiwi:20170923123305j:plain

 

 

豪華クルーズ船が来航しました。

f:id:ringokiwi:20170928105248j:plain

 

 

欧米のおじさまおばさまが乗っていまして、キャンプサイトにあるレプリカモアイの写真を撮り始めます。

イヤ、本物見に行こうよ…

f:id:ringokiwi:20170915090556j:plain

 

ん??

右の人が気になりますか?

 

 

島の伝統的な格好なのですが、

 

 

 

 

 

彼もキャンプサイトの宿泊者ですwww

 

 

 

観光客が来ると脱ぎ始め、チップを取って写真撮影に応じていました。

f:id:ringokiwi:20170915090020j:plain

 

 

 

それにどこからともなく、撮影会を仕切る姉ちゃんまで現れました。

 

 

 

商魂たくましいwwwww

 

 

 

日本人には到底できまへん。

 

 

 

さて、今日はキャンプサイトから歩いていけるスポットを紹介したいと思います。

 

 

まずは、ラグーン。

f:id:ringokiwi:20170929110619j:plain

 

 

街のすぐ近くで、人にもイヌにも人気です。

f:id:ringokiwi:20170929110646j:plain

 

ここ、なんと、ウミガメが泳いでくるんです!!!

 

日本でウミガメと泳ぐなんて、波照間島のニシ浜か、ダイビングでもしないと

なかなかないので(やまぐち調べ)、テンション上がります♪♪

 

 

ウミガメとむらおか。

f:id:ringokiwi:20170923123815p:plain

 

 

イヌとむらおか。

f:id:ringokiwi:20170923123820p:plain

 

 

イヌとウミガメ。

f:id:ringokiwi:20170923123723j:plain

 

 

みんなでウミガメさがし。

f:id:ringokiwi:20170923123743p:plain

 

おまけ。

日本人が着ないタイプの水着ですね♡

f:id:ringokiwi:20170923123644j:plain

 

アイス休憩しまーす♪

f:id:ringokiwi:20170923123800p:plain

 

 

 

その後向かったのが、ここ。

 

 

イースター島の地ビール工場。

なんと地ビールがあるんですよ〜♪♪

f:id:ringokiwi:20170923123655p:plain

 

移転してて、地図と違う場所でうろうろしてたら、島民が車で連れてってくれました。

ラッキー☆

↓寄り道

f:id:ringokiwi:20170929110649p:plain

 

しばらく入り口で待ってたらお姉さん出勤。

もう昼もまわっておやつの時間ですけど。

f:id:ringokiwi:20170929110601p:plain

 

すごく小さな工場というか、事務所というか。

f:id:ringokiwi:20170929110624j:plain

 

全部手作業、手作り。

f:id:ringokiwi:20170929111328j:plain

 

ラベルも。

愛情が感じられます。

f:id:ringokiwi:20170929110637j:plain

 

 

 

 

 

 

 

でも、おいしくない。。。。。。

f:id:ringokiwi:20170929110648j:plain

 

 

スーパーで買ってみたら、近くにいた地元のおじさんに

「そんなク◯みたいなん、よく飲めるな」って言われましたwww

 

 

地元に愛されていない地ビールのようです。

 

 

 

 

 

 

帰り道、島の少年に声をかけられました。

 

 

庭になってるグアバの実をもいでくれました。

f:id:ringokiwi:20170923123732j:plain

 

でも、多分ここ少年の家じゃないww

 

 

それは置いといて、

見慣れないアジア人観光客に声をかけてくれたことは、素直にうれしかったのです。

f:id:ringokiwi:20170923123646p:plain

 

冷やして美味しくいただきました♪

f:id:ringokiwi:20170929110642j:plain

 

 

やっぱり島はいいなあ。

 

やまぐち

モアイ以外もいろいろあるよ!!イースター島。その①

 

 

 

今日もトラクターバギーで島を回りますよ〜♪♪

 

 

の前に腹ごしらえ。

 

暑いので、アイスが欲しくなります。

でも、島価格なんですね〜(´;ω;`)

バックパッカーにはつらい3000ペソ(約510円)…

食べちゃうけどね!

 

f:id:ringokiwi:20170923123829p:plain

 

パインも食べよっと♪

f:id:ringokiwi:20170923123419j:plain

 

斬新な剥き方。

小ぶりだけど激甘です!

f:id:ringokiwi:20170923123702p:plain

 

 

 

さてさて、お腹も満たされたところで、バギーをぶーんと走らせまして、

f:id:ringokiwi:20170923123423j:plain

 

 

 

 

向かったのは、

 

 

 

 

 

海!!

f:id:ringokiwi:20170923123547j:plain

 

 

岩場がプールになっています。

中の海藻がこんなにきれい。

f:id:ringokiwi:20170923123651p:plain

 

水遊びむらおか。

f:id:ringokiwi:20170923123825p:plain

 

 

さらに移動。

こんな絶景が。

f:id:ringokiwi:20170923123506j:plain

 

このあたりからむらおかの運転も上手になってきました。

 

1日目は、

オフロード✕ペーパードライバー✕マニュアルバギー✕炎天下

 

 

お察しください。

 

やまぐちは結局一回も運転しませんでした。

 

むらおかありがとう☆☆

 

 

 

 

閑話休題

 

 

洞窟があるらしく、まずはそこを目指そうと思います!

 

 

国立公園の入り口に管理人?のようなおじさんがいて、スイカをくれました。

優しい。

 

でも、ここは一応南米なので、法外なスイカの代金を請求されないかちょっとドキドキしましたが、そんなことはありませんでした。

f:id:ringokiwi:20170923123438j:plain

 

おいしかったです。

 

ぬるかったけど。

 

 

バギーを駐車場に止め、ここからは歩いていきます。

 

馬がいました。

岩の感じも崖の感じも、なんだか与那国島みたいだな〜と思いました。

f:id:ringokiwi:20170923123510j:plain

 

 

 

すぐだと思ったら、20〜30分、小石ゴロゴロの道を歩きまして、、、

 

 

 

やっと、ありました!

洞窟です!

看板とかないんですね。

言われなかったら気づきません。

f:id:ringokiwi:20170928121749j:plain

 

真っ暗。

f:id:ringokiwi:20170928105301j:plain

 

 

中は二手に分かれていて、どちらも海にあたります。

勢い良く飛び出すと、海に落ちるのでご注意。 

f:id:ringokiwi:20170929105408j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170929110130j:plain

 

 

 

 

駐車場に戻ってきたら、座るとこめっちゃ熱い。

 

 

 

 

 

お尻が燃えそうになりながら、しばしドライブ。

 

 

 

 

おや?

 

 

 

 

 

むらおかが止まりました。

f:id:ringokiwi:20170928105310j:plain

 

 

んん?

f:id:ringokiwi:20170929105519j:plain

 

 

 

 

 

牛がいっぱい来ました。

f:id:ringokiwi:20170928105317j:plain

 

 

インドかと思いました。

f:id:ringokiwi:20170928105322j:plain

 

 

 

 

 

牛がいないとさわやかな道。

f:id:ringokiwi:20170923123247j:plain

 

 

だいぶ登ってきました。

f:id:ringokiwi:20170928105326j:plain

 

 

君の名は。に似ていると言われているラノ・カウ。

カルデラ湖です。

午後に行ったら結構影ができていましたが、圧巻でした。

f:id:ringokiwi:20170928105330j:plain

 

 

 むらおかもたのしそうです。

f:id:ringokiwi:20170923123525j:plain

 

 

 

 

2日連続バギーでお尻が割れそうなので、明日は歩いて散策します。

 

つづく。

 

やまぐち

 

バギーで巡るイースター島モアイコレクション☆

 

やまぐちとむらおか、イースター島を1周しようと思います!!

 

バスや電車はなく、坂道も多くて、チャリは大変そうなので、レンタカーがメジャーらしいです。

 

でも、やまぐちもむらおかもペーパーなんだな。

 

国際免許証持ってるけど、文字通り、一応なの。

 

そんなわけで、まだハードルの低そうなバギーにしました。

24時間レンタルなので、お昼過ぎに借りて、2日に分けて観光作戦です。

(50000ペソ=約8500円)

 

レンタカー屋さんで、オートマを予約したのに、約束の時間に行ってみたら、マニュアルしか残ってない…

やっぱり南米で口約束はだめですね。

いや、紙書いた気もする…

うーん。

 

マニュアルムラオカ号。

トラクターじゃないよ。

f:id:ringokiwi:20170923123734p:plain

 

とりあえず、これに乗って、モアイを見に行きたいと思います。

Let's GO~

f:id:ringokiwi:20170923123811p:plain

 

 

イースター島といえば、モアイ。

大きなモアイがどーんと1体あるのかと思っていました。

 

大仏的な。

 

 

でも、実はモアイはいっぱいありました(^o^)/

900体くらいあるんだってー!!

 

なんで作られたのかは謎で、街を見守るように高台に建っているものが多いそうです。

 

まずは街モアイ。

これはレプリカです。

f:id:ringokiwi:20170923123253j:plain

 

海を背後に街を見守るモアイ。

f:id:ringokiwi:20170923123430j:plain

 

海を見つめるモアイ’s

f:id:ringokiwi:20170923123518j:plain

 

15体が並ぶ大迫力のモアイ。

トンガリキは朝日ポイントでもあります。

モアイの間からご来光なんだって!

写真???

そんなバイタリティーはないよー。

f:id:ringokiwi:20170923123632j:plain

 

でも確かに、ここから朝日がのぼってくる様子は素敵かも。

想像で楽しみます。

f:id:ringokiwi:20170923123603j:plain

 

こんな看板を見つけました。

なんと、津波で壊れたモアイの復元工事に日本が携わっているとのこと!

誇らしいですね☆

f:id:ringokiwi:20170923123627j:plain

 

復元版が多い中、これは天然モアイだそうです!

f:id:ringokiwi:20170923123550j:plain

 

倒されモアイ。

f:id:ringokiwi:20170927150732j:plain

 

にょきにょきモアイ。

f:id:ringokiwi:20170923123556j:plain

 

ここは、モアイの間を自分で散策することができて、楽しかったです。 

f:id:ringokiwi:20170923123805p:plain

 

モアイをさがせ!

f:id:ringokiwi:20170927150941j:plain

 

唯一の正座モアイ。

なんで?

f:id:ringokiwi:20170923123611j:plain

 

おしりがかわいいです。

f:id:ringokiwi:20170927151004j:plain

 

なんとビーチにまで!リゾートモアイ。

f:id:ringokiwi:20170923123637j:plain

 

ええ仕事やなー

f:id:ringokiwi:20170927151006j:plain

 

 

さて、今日1日頑張ってくれたマニュアルムラオカ号ですが、宿まであと1,2キロのところでエンジンがかからなくなり、日が暮れた中、歩いて帰りました。

 

次の日、ちょうど返却されたオートマを時間延長で借りれることに。

結果おーらいッ☆

やっぱりオートマ車は快適です。

 

トラクターじゃないよ☆

f:id:ringokiwi:20170923123709p:plain

 

あしたにつづく。

 

やまぐち