やまぐちとむらおかのふわふわ世界一周

2016月8月29日〜二人で世界一周中☆★

イースター島でわくわくキャンプ生活!の巻

 

 

サンティアゴから飛行機でビューーーン。

 

ついに、寒かったパタゴニアとはうってかわって南国イースター島でございます。

あ、緯度で言うとパタゴニアのほうが南でした。

南半球ややこしいな。

 

ringokiwi.hatenablog.com

チケット安く買えてよかった〜!!

 

 サンティアゴから3700km、モアイで有名なイースター島の場所はここ!

 

 

 

ポリネシア文化圏ということで、タヒチからも週2便飛行機が出ています

でもそのタヒチからは4300km離れてるんだって。

 

それだけ周りに何もないので、モアイでも作ってみたくなるわけですね!

 

 サンティアゴから約5時間で到着です。

f:id:ringokiwi:20170915090531j:plain

 

機内食!!

LCC安くていいけど、やっぱり機内食はテンションが上がるからたまには普通の航空会社乗らなあかんな。

f:id:ringokiwi:20170915090538j:plain

 

飛行機降りたら歩いて建物へ。

まだ滑走路のエリアやけど、すでにイースター感。

f:id:ringokiwi:20170915092919p:plain

 

 

モアイがある大部分が国立公園ということで、入島税?入園料?54000ペソ/人(約9180円)を払いました。

 

たかっ!!!

 

けどまあ、仕方ないかな。

 

 

 

出口を出たら、いろんな宿の人がお出迎え。

予約してない人は、出て右側に当日宿受付のカウンターがあったけど、ちょうど人がいなかったです。

f:id:ringokiwi:20170915090545j:plain

 

やまぐちとむらおかはキャンプ場を予約しました♪

 

あ!!そう言えばテントも寝袋も持ってない!!

 

 

 

安心してください。

 

 

フルレンタル&設置までしてくれるのです。

しかも、安い♪♪

 

やまぐちとむらおかが泊まったキャンプ場はこちら☆

 

キャンピングミヒノア

「ミヒノア」はオーナーの娘さんの名前です。

家族経営のアットホームなキャンプ場でした。

f:id:ringokiwi:20170915092855p:plain

 

www.tripadvisor.jp

 

個室もありますよ〜

キャンプはテントと寝袋込で一人1泊8800ペソ。(約1500円)

直接メールで予約しましたが、booking.comでも予約できるみたいです。

 

ひろーい芝生にテントがたくさん。

f:id:ringokiwi:20170915090102j:plain

 

にゃんとわんもおります。

わんは子犬でぶれまくったので写真はありません。

f:id:ringokiwi:20170915090621j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170915090625j:plain

 

 

そして、このキャンプ場、街の中心から徒歩15〜20分くらい離れてるのですが、ロケーションが最高なのです!

 

 

西の海が目の前!!!!!

 

 

 

こんなサンセットを見ることが出来ました。

f:id:ringokiwi:20170915090446j:plain

 

 

 

 

 

そして、キャンプと言えば、自炊!!

 

 

 

 

 

 

 

の前に腹ごしらえ。

キッチンもひろびろ。

個人用の食材ロッカーち食器つき。

f:id:ringokiwi:20170915092859p:plain

 

 

ビールもいっとくー??

f:id:ringokiwi:20170915092903p:plain

 

 

 

 

 

はい。

マグロのトマト煮込みです。

f:id:ringokiwi:20170915090652j:plain

 

 

 

マグロ??

離島は物価が高いので缶詰や米はサンティアゴから持ってきましたが、さすがに生魚は島で買いました。

 

早朝に街まで偵察にいってくれたむらおか平隊員によると、街の民芸品売り場近くに魚屋がでてます。

が、昼にはもういないです。

魚の種類も日によって違うっぽいです。

 

日本の魚屋とのギャップ…

f:id:ringokiwi:20170915090646j:plain

 

 

f:id:ringokiwi:20170915090014j:plain

 

 

なんかしらんけど、食欲なくなってきたなあ。

f:id:ringokiwi:20170915102336j:plain

 

 

けどね、けどね、

 

 

マグロを買いました!!

小ぶりの生マグロ1尾!!

 

キャンプ場の切れない包丁でさばきまーす。

f:id:ringokiwi:20170915092907p:plain

 

 

お刺身できた♡

f:id:ringokiwi:20170915092911p:plain

 

ガラパゴスの幻のマグロには及びませんが、おいしかったです。

 

 

日も暮れてきたし、寝よー。

 

f:id:ringokiwi:20170915090109j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170915085955j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170915090055j:plain

 

夜は満天の星空です☆☆☆

f:id:ringokiwi:20170915104342j:plain

 

天の川もクッキリ。

f:id:ringokiwi:20170915104334j:plain

 

お待たせしました。

やっとでてきたモアイ。

f:id:ringokiwi:20170915104337j:plain

 

まさかのモアイ出ないで終わるのかと心配した人もいるでしょう。

 

次回は島の様子をお届けします〜

 

やまぐち

 

 

プンタアレナス→プエルトナタレス→プンタアレナス!?→サンティアゴ

 

居心地の良かったプンタアレナスをあとに、ついにチリの首都、サンティアゴに向かいます。

プンタアレナスからの飛行機が高かったので、プエルトナタレス発の便をとりました。

プンタアレナスからプエルトナタレスまでのバス移動費(7000ペソ/人)と時間を差っ引いても魅力的な安さだったのです!!

 

 

 

しかしこれがまあ、大変でした。

 

 

 

 

 

 

エルトナタレスのバスターミナルから空港まではタクシーで、一台一律7000ペソ。

あら、バス代と同じ…しゃあない。

 

久々のプエルトナタレス空港に到着です!!

 

早く着いたので、荷物預けて探検しようと思ってたのですが、こじんまりした空港。

 

 

見えてるものが全てでした。

 

 

ひま…

WiFiもないんだな。

 

 

仕方がないので、むらおかに頭突きをしたり、すね毛を引っ張ったり、用もないのに話しかけたりして時間を潰すこと1時間半。

 

 

ようやく搭乗ゲートに入っていいとのことで、入場します。

また時間つぶし。

本でも読もうかな。

 

 

 

・・・

 

 

 

あれ???

 

 

出発予定時刻過ぎてるよ????

 

 

 

飛行機の到着遅れてんのかなー???

 

 

そしたら、空港のおじさんがやってきて、スペイン語で何やらみんなに話しています。

 

 

 

 

みんな「ざわざわ」

 

 

 

 

ぜんっぜんわからん(・∀・)???

 

 

 

近くにいた親切なお姉ちゃんが英語にしてくれました。

 

 

 

どうやら、

 

 

霧が濃くて飛行機が着陸できないので、プンタアレナスから乗ってください。

ここからプンタアレナス行きのバスは手配してあります。

 

 

とのこと。

 

 

 

 

えーーーーーーー。

 

 

 ふだんのおこない。

 

 

やまぐちとむらおかは、今日早起きしてそのプンタアレナスから来たんだよ〜

 

 

 

しかし、

 

 

 

否応なく、

 

 

バスに乗りまたプンタアレナスに行きました。

 

 

 

 

すぐに飛行機が待機してるのかと思いきや、出発は深夜1時とのこと。

 

 

 

 

なんだって!!!

 

 

 

めっちゃ時間あるやん。

 

 

サンティアゴの宿1泊目キャンセル…

 

 

 

 

 

 

 

LCCじゃないLAN航空です。

 

 

ミールクーポンくれました。

 

f:id:ringokiwi:20170909122435j:plain

 

 

 

でも、アルコールはダメなんだって。

 

 

ケチ!!!!!!

 

 

 

仕方なく、コーラと変な形のハンバーガーを注文。

おいしかったよ!

f:id:ringokiwi:20170909125719p:plain

 

 

 

搭乗ゲートに入ってからはみんな寝てました。

深夜1時。長いなあ。

 

f:id:ringokiwi:20170909125713p:plain

 

 

到着が早朝になるとのことで、空港から街までの乗り合いタクシーも手配してくれました。

 

その時も、英語ができる乗客のお姉さんが一緒に来て話してくれました。

 

ありがたや。

 

 

 

そしてなんとか、無事チリの首都、サンティアゴに着いたというわけです。

 

 

 

 

 

なんか世界一周ぽい♪♪

 

 

次回は常夏のイースター島情報をお届けします。

 

やまぐち

プンタアレナスでのんびりしよう♬

 

 

 

乗り継ぎのはずが、6日も滞在してしましました、プンタアレナス。

アウトレットで買い物したり、ご飯を作ったり、スケートしたり、散歩したり。

いい街です(^^)

 

まずは、ビール!!

最南端(好きやなー)の醸造所があるんです。

AUSTRAL(アウストラル)

f:id:ringokiwi:20170909125115j:plain

 

醸造所見学行こうと思って宿の人に電話してもらったのですが、

閉まってるのか、定員に達したのか、今は見学やってないのか、とにかく、行けないそうです(´;ω;`)

ざんねん。

 

なので、スーパーで買ってきていっぱい飲みました♬

 

レモンバターソースのチキンとともに。

チキンは火が中まで通りきってなくて、この後フライパン送りになったのはいい思い出です。

f:id:ringokiwi:20170909125724p:plain

 

この日はステーキと、あ、ワインだった。

f:id:ringokiwi:20170909130003p:plain

 

ビールの写真もうなかったw

 

ごはんつながりでもうひとつ。

 

宿の近くのパン屋さんの食事パン。

量り売りで、4つ買っても500ペソぐらい(85円)と庶民の味方です。

これにクリームチーズぬったらうまうま。

ご飯党のむらおかが好んで食べてました。

f:id:ringokiwi:20170909122411j:plain

 

 

 

 

さて、

 

天気が良い日はお散歩に行きました。

「都市」とは行ってますが、こじんまりした街で、散歩に最適です。

 

 

 

屋台で揚げたてチュロス

また食べ物かいっ

f:id:ringokiwi:20170909125731p:plain

 

 

がんばって階段を登ると見晴らしのいい丘があります。

f:id:ringokiwi:20170909122339j:plain

 

 

ニセコまで12,456キロ。

遠いとこまで来てしもうたのう。

でもなんでニセコなの???

f:id:ringokiwi:20170909122341j:plain

 

海も近いです。

f:id:ringokiwi:20170909122332j:plain

 

大航海時代の始まりだ!的な。

f:id:ringokiwi:20170909125757p:plain

 

 

 

そしてそして、おすすめなのが免税ショッピングモール「ソナフランカ」!!

電化製品、登山キャンプ用品、化粧品、日用品、家具、スーパー、なんでもありました。

南米来てカメラ、パソコン盗まれた人、ここで買えますよー

 

セントロの宿から2番のバス(二人で往復1240ペソ)かコレクティーボ(二人で往復2000ペソ)で、30分かからないくらいでした。

 

むらおかのリュックを見てたけど、なぜかやまぐちがGREGORYの28Lのリュックをゲット☆

だってほしくなったんだもん。

日本のアマゾンより安く買えました♪

f:id:ringokiwi:20170909125752p:plain

 

※これによって、むらおかは、しばらくやまぐちのお古リュックを使うことになります。

ひひひ。

 

 

あと、魔法瓶も買いました。

これでやまぐちの大好きなコーヒーを淹れて持ち歩けます。

 

ハンドクラフトの屋台もあって、シェルクナムの壁掛けを買いました。

日本に帰ったら壁に飾りたいと思います。

 

スーパーでペンギン発見。

そうそう、マゼランペンギンを見に行くツアーもありますよ。

持ってるのはキングペンギンですがね。

f:id:ringokiwi:20170909125802p:plain

 

 

そして、何より楽しかったのは、アイススケート!!!

スケートリンクがあるんです!

スケートなんて20年ぶり、いや、もっとか。

むらおかがやるって言って、最初は「えー」って思ってたのですが、

めちゃくちゃたのしかったです。

 

すーいすーいって意外にも上手なむらおか。

さすが雪国の人ですな。

f:id:ringokiwi:20170909125806p:plain

 

かっこええやないの。

f:id:ringokiwi:20170909122400j:plain

 

生まれたての子鹿みたいにしてたシティガールやまぐちも、なんとか滑れるようになりました。

f:id:ringokiwi:20170909125959p:plain

 

 

というわけで、半日は十分に過ごせるソナフランカ!

ほどよく疲れたところでかえります。

買ったばっかりのリュックを背負ってるんるんやまぐち。

f:id:ringokiwi:20170909122408j:plain

 

 

帰ったらだいたいリビングでYou Tube

f:id:ringokiwi:20170909125811p:plain

 

 

いつの間にか5泊。

明日はいよいよサンティアゴに向けて飛びますよー!!!

 

やまぐち

世界最南端の都市!?プンタアレナス☆移動&宿情報編

 

 

なんだかんだパタゴニアも10日ほど滞在しています。

そろそろサンティアゴに戻らねば。

なぜなら、イースター行きのチケットを取っているから(・∀・)♫

モアイモアイ〜♫♪♬

 

というわけで、ウシュアイアでカニを満喫し、ネコと遊びまくったあとは、チリ領プンタアレナスに向かうことにしたやまぐちとむらおか。

 

そう、ウシュアイアが世界最南端の「街」ならば、

プンタアレナスは世界最南端の「都市」なのです\(^o^)/

 

言うたもん勝ちか。

人口13万人、パタゴニア地方最大の都市なんだって。

 

バックパッカーらしくバスで行きましょうね。

バスは一人900ペソ(=約6500円)

 

パタゴニア地方は、他の地域と比べバスは結構高いし、本数も限られているため、ヒッチハイクをする旅行者も多いです。

 

 が、あまり人と話すのが得意でないやまぐちとむらおか。

 

長時間車内で知らない人としかも外国語で過ごすなんてつらすぎる。

みんなよくやるな~ホント。

 

なので、不便でもわれわれはバス一択です(^^)

 

f:id:ringokiwi:20170908111407p:plain

 

ウシュアイアに2〜3件チケットを扱っている代理店があるのでそこで買いました。

会社によって違いますが、週3便ぐらいで、不定期(適当?)なので、帰らなきゃいけない日が決まってる場合は余裕を持って早めに押さえておいたほうがいいです。

われわれも、観光案内所で教えてもらった出発日の情報とバス会社の情報が違っててあせりました〜

 

 

ルートはこんな感じ。

 

 

途中でアルゼンチンとチリの国境を越えます。

アルゼンチンを出国する時に食堂で休憩とってくれますが、高いし、いつ発車するかわからないので、お弁当持参がおすすめです。

 

税関。

アルゼンチンはスルーですが、チリはきびしいです。

 

麻薬犬待機。かわいい。

f:id:ringokiwi:20170908110933j:plain

 

もう一匹黒い子がいたのですが、まだ訓練中なのか、ケージから出したらそのまま草むらに走っていって、戻ってきませんでした。

 

先輩麻薬犬が二人分のお仕事中。

f:id:ringokiwi:20170908110936j:plain

 

 

他にもカバン開けろって言われたり、X線通したり厳重でした。

これで1時間位かかってたかも…

 

やっと終わってバスは走ります。

 

あと少し〜って思ったらここで最大の難関登場。

 

船にバスを載せて水路を渡るのですが、その船がなっかなか来ない!!!!

やっと来たと思ったら、前にいる大型トラックで満車。

 

水切りとかして2時間位待ってたと思います。

f:id:ringokiwi:20170908110939j:plain

 

そんなこんなでやっとプンタアレナスのバスのりばに到着。

 

イースターに備えて、早めにサンティアゴ行ってゆっくりしよう〜と思って、プエルトナタレスまでの乗り継ぎチケットを買っていたやまぐちとむらおか。

 

でも、なんかもう移動疲れちゃった。

 

今日はもう移動いいんじゃない〜って感じになり、もったいないけどプエルト・ナタレス行きのチケットを破棄しようと思っていたところ、、、

 

なんと、今日プエルトナタレスに行きたい!!!!

バスは満席…どうしよう〜〜〜〜と話しているドイツ人カップル登場。

 

ナイスタイミング。

 

けど、バスチケットにはわれわれの名前もパスポート番号も載ってるし転売はまずいよね…

 

 

バス会社のお姉さん「そのチケット、あのカップルに売ったら??」

 

 

 

さすが南米。。。

 

400アルゼンチンペソで買ったチケットをちょっと割引して20USドルで売りました。

 

うぃんうぃんww

 

やまぐちとむらおかはプンタアレナスで休んでからサンティアゴを目指します〜

 

プンタアレナスの宿情報☆

Maria Isabel Hostel

 思ってた宿が満室だったので、近所を歩いて宿の看板出てるところを当たって見つけました。

f:id:ringokiwi:20170909125742p:plain

 

Booking.comには載ってないです。

 

 

4〜5人部屋ドミ一人10000チリペソ(=約1700円)

人も少なくてベッドも設備もしっかりしててかなーり居心地良かったです。

5泊もしてしましました。

 

めずらしく写真がありました。

シャワールーム✕2

f:id:ringokiwi:20170908110943j:plain

 

キッチン

f:id:ringokiwi:20170908110947j:plain

 

リビング

f:id:ringokiwi:20170908110951j:plain

 

なんとYou Tubeが見れるテレビ

f:id:ringokiwi:20170908110956j:plain

 

次回はプンタアレナスの街の様子をお届けします〜

 

やまぐち

 

世界最南端の街、ウシュアイアで蟹を食べよう!!

 

 

f:id:ringokiwi:20170906225002j:plain

 

 

むら「えらい遠いとこまで来てしもうたのう、ばあさんや」

 

 

やま「そうじゃのう、じいさん」

 

 

 

はい、というわけで、えらい遠いとこ、ウシュアイア到着でございます!

ついにアルゼンチン、いや、世界最果ての地です。

 

 

 

世界最南端の「村」はチリ側のプエルト・ウィリアムスやプエルト・トロらしいんですが、人口とか町の定義とかいいんです、そんなことは!

 

 

とにかく、アルゼンチンまで来たし、とりあえず最南端に来てみたかったのです。

 

 

最南端っていうから、どんな辺鄙なところだろうと思っていたのですが、意外にもお花がたくさんの港町でした。

 

身近なお花を見るとなんか安心。

f:id:ringokiwi:20170907234519j:plain

 

でっかい豪華客船や南極に行くクルーズ船も停泊します。

f:id:ringokiwi:20170906225058j:plain

 

港の逆側はのどかな雰囲気。

f:id:ringokiwi:20170906225044j:plain

 

コンテナいっぱい!

f:id:ringokiwi:20170906225256j:plain

 

 

銀行もある。

f:id:ringokiwi:20170906225014j:plain

 

これ郵便局。

f:id:ringokiwi:20170906225020j:plain

  

やっぱり、僻地だけに流刑があったみたいですね。 

昔の刑務所です。

今は博物館になっていて、見学しようかと思ったけど、入館料が高かったので入り口で引き返しました。

f:id:ringokiwi:20170906225025j:plain

 

 最南端わんこ。

f:id:ringokiwi:20170906225007j:plain

 

そして忘れちゃだめなのが、蟹!!

 

カニですよ奥さん!!

ウシュアイアはカニで有名なんですって!

物価が高いパタゴニア

自炊続きだったのでたまには外食しちゃいましょ〜♫♫

 

ウシュアイアにはシーフードレストランが結構あるので、その中のひとつにやってきました。

オープンして割とすぐ満席になったので、早めに行くが吉です。

f:id:ringokiwi:20170906230646p:plain

 

さすがに生簀のまるまる1匹は手が出なかったけど、キロ5000円くらいな感じです。

f:id:ringokiwi:20170906225853j:plain

 

と思ったら日本からツアーで来たおじさまおばさま、まるまる一匹のコース食べてました!

日本人はカネモチダナ−

f:id:ringokiwi:20170906225841j:plain

 

やまぐちとむらおかが頼んだのはカニのグラタンと炊き込みご飯ぽいやつ。

料理系は冷凍カニを使ってるらしいけど、それでもおいしかった。

 

げきうま。

 

しあわせ!!

f:id:ringokiwi:20170906225309j:plain

f:id:ringokiwi:20170906225304j:plain

 

やっぱり、旅は食ですよ!!!!

 

お会計、二人で7000円ちょっと。

いいんです、たまには。

 

ちなみに、ふだんの自炊飯はこんなかんじ。

一番安いパックのワインと、

f:id:ringokiwi:20170906225803j:plain

 

冷凍ラビオリのトマトソースがけ。

f:id:ringokiwi:20170906225046j:plain

 

イルダおばさん家の裏の魚屋で買ったイカパスタ。

f:id:ringokiwi:20170906225757j:plain

 

 

最南端証明書もゲットしたし、次はチリ側プンタアレナスに向かいます。

f:id:ringokiwi:20170908021901p:plain

 

むらおかもウシュアイア楽しんでるみたいですよ〜

f:id:ringokiwi:20170906230634p:plain

 

 

☆ウシュアイアまでの行き方☆

エル・カラファテから飛行機でビューン!!!

1時間20分で到着。

え、バックパッカーならヒッチハイクかバス乗れって??

だって、安いし速いんだもん飛行機。

(1,748ペソ=約12,600円/人)

無愛想なアルゼンチン航空のカウンターはエル・カラファテのメインストリートにあります!

 

☆ウシュアイアのお宿情報☆

イルダおばさんの家

予約無しで行きました。

場所がわからなくて、色んな人に聞きそれでも分からなくて一時は違う宿にしようかなーと思ったぐらいです。

 看板もないのでご注意。

なのに、外観、部屋の写真すっかり忘れてました〜

とりあえずグーグルマップ。

ここです。

 

 

 薄緑色の建物で、ドアに小さく「生流大Hilda」と書いてあります。

気づくかどうかはアナタ次第!!

いやほんとに、普通の家です。

ドアも鍵かかってることが多いので、閉まってたら気長に待ちましょう。

1泊300ペソ(=約2160円)/人 →ウシュアイアで一番安いと思います。

部屋は3人部屋ドミだったりダブルベットの個室だったり、その日の人数とおばさんの気分です。

おやつやおかずを分けてくれる優しいおばさんと娘さんがいます。

キッチンはおばさんと共同、シャワー・トイレは部屋にあります。

お歳のせいか、急にイルダルールが発令される時がありますが、そこは暖かく見守りましょう。

野良猫と家猫の中間でたくさんネコがいて、部屋の中にも入ってきます。

猫好きには最高です!!

f:id:ringokiwi:20170906225317j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170906225752j:plain

 

 さてさて、バックパッカーらしくバスでプンタアレナスへGOOOO!

 

やまぐち

 

やっほー!フィッツローイ!!

 

 

今日はさっそくフィッツロイ目指してトレッキングしようと思います!

エル・チャルテン近辺は、エル・カラファテから続くロスグラシアレス国立公園になっていて、氷河や湖など見どころも多く、色んなルートがあるそうです。

自然はでっかいなあ。

f:id:ringokiwi:20170906223516j:plain

 

 

 

 

やまぐちとむらおかは片道10キロの展望台コースに決定です。

 

f:id:ringokiwi:20170906222504p:plain

 

 

 

ちなみに、1日かけて麓まで行くルートも人気がありますが、われわれはフィッツロイを見れたらいいので、10キロコースにしました。

 

麓までいかなくても、見れたらいいんです!

 

ええ、ヘタレですともwwなにか?

 

 

お昼のフィッツロイもきれいなんですが、まずは朝日に照らされて真っ赤→黄金に光るフィッツロイが見たい!ということで、朝4時に出発です。

 

 まだ真っ暗。

f:id:ringokiwi:20170906212759p:plain

 

一応2月なので夏シーズンに当たるのですが、寒い寒い。

ババシャツ、長袖シャツ、ダウン、ウィンドブレーカー、ニット帽、手袋の厳重装備です。

歩いてる間に暑くなって脱ぎますけどね。

とにかく宿出た時、朝日待ってるときがむちゃくちゃ寒いです。

 

手袋は、100均で売ってそうなフリースのダサいやつを700円位で買いました。

なぜなら、アタカマに行く途中の温泉の脱衣所にペルーで5ソレス(約175円)で買ったかわいい手編みの手袋を置いてきてしまったから(T_T)

 

むらおかは全然忘れ物しなくてエライな−

 

さて、展望台まで約2時間半。

そんなに登りではないのでサクサク歩けました。

パイネとは大違い(トラウマ)

 

 

展望台に着いたら、温かいホットコーヒー飲みながら日の出を待ちます。

 同じ宿のN氏に寝袋借りました。

f:id:ringokiwi:20170831095217j:plain

 

 

 

少し明るくなってきた!

中央右の白い光は、チーム「真近でフィッツロイ」(知らんけど)の人たちのヘッドライトです。

 

f:id:ringokiwi:20170831095146j:plain

 

 

 

しばらくすると…

 

 

 

東の空がめちゃくちゃキレイです!

f:id:ringokiwi:20170831094904j:plain

 

 

刻々と変化する雲のいろ。

f:id:ringokiwi:20170831094909j:plain

 

 

 

 

西にあるフィッツロイ。

 

 

 

 

ばばーん!!

 

 

さきっぽが染まってきました!!!!

f:id:ringokiwi:20170831094912j:plain

 

 

 

少しずつ少しずつ。

f:id:ringokiwi:20170831094917j:plain

 

 

やがて全体を赤く染め上げて、

f:id:ringokiwi:20170831094923j:plain

 

 

 

一回落ち着きます。

右奥に氷河が見えます。

f:id:ringokiwi:20170831094927j:plain

 

 

そして、黄金!!!

f:id:ringokiwi:20170906215342j:plain

 

 

きれーーーーい!

f:id:ringokiwi:20170906215026j:plain

 

 

 

そして、15分ほどのショーは終わり、通常営業。

しばらく眺めていました。

むらおかと色んなお話をしました。

f:id:ringokiwi:20170902211722p:plain

 

f:id:ringokiwi:20170902211703p:plain

 

 

 

 

あ、そういえば、

 

 

 

ロゴ!

うーーーん…まあいっか。

f:id:ringokiwi:20170906215833j:plain

 

 

ここでやまぐちとむらおかは町に引き返します。

もちろん、この先の湖や麓を目指す人もいます。

 

帰りはのんびりお散歩気分。

暗くて見えなかった景色を堪能しながら。

f:id:ringokiwi:20170831095136j:plain

 

f:id:ringokiwi:20170831095028j:plain

 

ちょっと寄り道。

f:id:ringokiwi:20170906223419j:plain

 

 

 鳥にも出会いました。

f:id:ringokiwi:20170906222750j:plain

 

 

登山口に戻ってきました。

f:id:ringokiwi:20170831095143j:plain

 

 

午後からは洗濯しに行ったり、お土産見たりお昼寝したり、宿の裏の丘にのぼったり、のんびり過ごしました。

 

物価が高いけど、素敵な町です。

 

 

そうそう!!

やっぱり自然なので毎日見えるわけではありません。

やまぐちとむらおかも実は2日連続で登りました。

特に山頂には雲がかかりやすい。

 

1日目。。。

フィッツロイさんはどこ??状態。

f:id:ringokiwi:20170906215033j:plain

 

そのまま日が昇ってきてしまい…

f:id:ringokiwi:20170831094956j:plain

f:id:ringokiwi:20170831094950j:plain

f:id:ringokiwi:20170831094945j:plain

 

なんとも、もや〜ですね。

 

 

でも、とってもたのしかった。

行ってよかったです、エル・チャルテン。

f:id:ringokiwi:20170906223607j:plain

 

 

次はいよいよ世界最南端の町、ウシュアイア!!

 

やまぐち

フィッツロイ見に、エル・チャルテンに移動!!

 

パタゴニアの旅、続きましてフィッツロイを見に行きたいと思います。

 

 

フィッツロイ???

 

 

山です!!

 

 

フィッツロイがなんでこんなに有名かというと、、、

壮大なパタゴニア大自然を堪能できるトレッキング&キャンピングルートというのはもちろんですが、

 

 

あの有名ブランドのロゴのモデルになっているからなんですね〜

 

 

 

 

あの有名ブランドとは…。

 

 

 

 

 

 

 

じゃじゃん!

f:id:ringokiwi:20170902211717p:plain

 

アウトドアブランドのパタゴニアでございます。

 

 

 

へーへーへー!

 

 

でも、カリフォルニアの会社だそうです。

 

 

そんなフィッツロイを一目見ようとミーハーやまぐちとむらおかは麓の町であるエル・チャルテンに向かいました。

f:id:ringokiwi:20170902211711p:plain

 

エル・チャルテンまではエル・カラファテからバスで4時間ほどです。

料金は片道一人450ペソでございます(約3240円)。

南米をずっとバス移動してると4時間なんて屁の河童です〜

f:id:ringokiwi:20170831095203j:plain

 

ここで気をつけるポイントをひとつ☆☆

エル・チャルテンは、トレッキングのスタート地点というだけのほんと小さな村レベルの町です。

なので、ほとんどのお店でクレジットカードが使えません(´;ω;`)

 

もちろんバスも…

アルゼンチンのたかーいATM手数料のことを考えると、予定が縛られてしまいますが

エル・カラファテのバスターミナルで往復のチケットを買っておくのをおすすめします。

 

例に漏れず物価も高いので、羽が生えたように現金が減っていく町、エル・チャルテンです”\(^o^)/”

 

トレッキングのお供プリングルスがまさかの600円超え。あほか。

f:id:ringokiwi:20170831095209j:plain

 

 

エル・チャルテンに着いたら、パタゴニア恒例のお宿探しでございます。

やっぱり去年の情報よりどこの宿も値上がりしてる〜(T_T)

Rancho Grandeという宿が、広くて新しくてキレイで狙ってたのですが、3000円くらいしたので断念。

 

そしてようやく見つけた宿がこちら。

クアトロ エスタシオネス!!

www.tripadvisor.es

 

混合ドミトリー&キャンプサイトの宿です。

一人180ペソとエル・チャルテンでは最安。

シャワーは男女別、大きなキッチン付きです。

 

キャンパーがキッチン使ってる時はリビングが大混雑ですが、それを外せばわりとゆったり調理することが出来ました。

芝生のお庭も気持ちいいしね。

 

 

むらおかはここのお庭でミツバチ観察にはまっていました。

もふもふしてかわいいそうです。

 

ダイジョーブ??(´・ω・`)

f:id:ringokiwi:20170831095213j:plain

 

そうそう!

バスターミナル出てすぐの街中にも宿が何軒かありますが、朝日に輝くフィッツロイを見るために真っ暗な早朝出発ということを考えると、

できるだけ登山口に近い宿をおすすめします!

 

バスターミナルからは遠いですが、スーパー、ランドリー、レストラン、お土産屋さんなど割りと近くにあって不便ではなかったです。

レンタルギアのお店もありますよ(^^)/

 

ちなみに狙ってた宿Rancho Grandeは、バス会社が経営していることもあって、宿の目の前から帰りのバスが出ます。

 

いいなあ〜

 

 

さてさて宿も決まったし、早速スーパーで肉を買って明日に備えます〜

f:id:ringokiwi:20170831095157j:plain

 

※スーパーの入荷日も決まってて、売り切れると次の入荷日までありません…

野菜もありますが、しんなりしてるのが多いです。

高いし、ここはフィッツロイ見たらささっと出るのが吉かと。

 

 

やまぐち